任天堂の次世代ゲーム機「NX」、マシンパワーではPS4に及ばず?

WCCFtechは12日(現地時間)、任天堂によって来年内の登場が予告される次世代ゲームコンソール「NX」のマシンパワーが、ソニーの「PlayStation 4」に及ばない可能性が高いと伝えています。

WCCFtechによると、今回、多くのゲーム情報を取り扱うWebサイト「Unseen64」の記者の1人であるタマキ氏によって、マシンパワーに限ってはNXはPlayStation 4の競合機種とはならない可能性が高いことが指摘されたとのこと。なお、氏は、内部筋から得た情報の精度に定評のある人物として知られています。

しかし、これはあくまで「処理性能」という側面から見た場合の話であって、マーケティング的な観点から見れば、PlayStation 4やXbox ONEと競合する機種になるものと思われます。とは言うものの、現時点ではNXが噂される通りに ”Wii Uの後継モデル” として登場するという保証はなく、あるいは携帯ゲーム機として開発されている可能性も十分に考えられます。

なお、先日には、NXの発売までのスケジュールも伝えられています(過去記事)。その中では、今年10月にも試験生産が開始され、来年5月ないし6月より大量生産を開始した後、同7月には正式発表される見込みとのこと。

記事89.2

画像は「Wii U」のもの

これまでの任天堂の発言を顧みる限り、少なくとも2016年を迎える前にNXに関する詳細な公式情報が明らかにされる可能性は非常に低いと考えて良さそうです。

[Twitter via WCCFtech]

ソーシャルシェア

コメント投稿