NPUは3日(現地時間)、NokiaとFoxconnが共同開発した低価格タブレット「Nokia N1」が、近日中にもインドネシアで発売される見込みと伝えています。

記事40.1

NPUによると、このたび、Nokia N1と見られる端末が6月29日にインドネシア国内で認証を取得していたことが判明したとのこと。発見されたデータの中には、Foxconnの子会社である「Futaihua Industrial」の文字も確認されています。

また、数日前にはインドの貿易情報を取り扱うWebサイト「Zauba」のデータベースから、同端末がテスト目的でインド国内に輸入されていたことが判明しており、どうやら本格的に海外市場への進出が開始された模様です。

なおN1は、今年1月に中国で発売された後、5月からは台湾でも販売が開始されています。当初の計画ではヨーロッパ市場への展開が見込まれていましたが、今回の情報を見る限りでは ”アジア諸国” を主なターゲット市場に設定し直したのかもしれません。

参考までに、N1のスペックは以下の通り。中国での販売価格は、1,599人民元(約3万円)となっています(過去記事)。

OS Android 5.0 Lollipop
ディスプレイ 7.9インチ 2K(2048×1536)IPSディスプレイ
液晶保護 Corning Gorilla Glass 3
SoC Intel 2.3GHz駆動 64-bit Atom Z3580
GPU Imagination PowerVR G6430 (@533MHz)
RAM 2GB
内蔵メモリ 32GB
メインカメラ 800万画素
フロントカメラ 500万画素
バッテリー 5,300mAh
ワイヤレス Bluetooth 4.0対応
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
オーディオ 0.5W ステレオスピーカー
Wolfson WM8958E
その他 USB 2.0 (type C)
外形寸法 200.7(W)×138.6(D)×6.9(H) mm
本体重量 318g

[NPU[1][2]]