Nokia、プロのクリエイター向け全天球VRカメラ「OZO」を正式発表

Nokiaは28日(現地時間)、同社初となる「VR(ヴァーチャルリアリティ)」映像の撮影を可能にするプロのクリエイター向け全天球カメラ「OZO」を正式に発表しました。

記事213.1

球形デザインを採用した本体部に、同期グローバルシャッターセンサーと集音用マイクを計8個ずつ搭載したことにより、OZOを中心にした全周囲の景色や音声をそのまま映像に収めることを可能にしています。

また、そうして撮影されたデータを基にポストプロダクションを施すことで、「VRヘッドセット」に代表されるVR製品向けのコンテンツ製作が可能になるとのことです。

さらに、撮影している映像をリアルタイムで確認することや、通常必要とされる煩雑な処理を必要とせずに、わずか数分で “低解像度のサンプル映像” を作成する機能も実装されているとのこと。

具体的なスペックや販売価格については明らかにされませんでしたが、2015年第4四半期中の販売開始が予告されており、その時期に合わせてより詳細な情報が開示されることになるものと思われます。

[Nokia via Neowin]

ソーシャルシェア

コメント投稿