ソニー株式会社は1日(日本時間)、「クラウドファンディング」と「Eコマース(電子商取引)」のサービスを兼ね備えたWebサイト「First Flight(ファースト・フライト)」の運営を開始したと発表しました。

記事8.1

このFirst Flightは、「共想(co-vision)」と「共創(co-creation)」という2つの理念のもと、新規ビジネスへの挑戦者に対しては顧客と市場からの ”リアルなニーズ” を調査・検証する手段を提供し、また出資者に対しては製品に対する要望の声を直接出品者に対して届けることが可能なシステムを提供するとのことです。

以下は、プレスリリースからの抜粋。

ソニーは「First Flight」という場を通じて、事業化の初期段階にあるプロジェクトに対し「リアルな市場ニーズの検証」・「お客様とのダイレクトな対話を通じた共創型の開発・商品改善」・「タイムリーかつ規模に対して最適化された販売」といった機会を提供し、新たな事業の立ち上げと成長を後押ししていきます。

なお、Webサイトのオープンに伴って、ソニー社内の新規事業プロジェクトから生まれた ”誰でも発明家になれる” DIYキット「MESH」および、ディスプレイに電子ペーパーを採用した ”柄が変わる時計”「FES Watch」(過去記事)の予約販売が、既に開始されています。

記事8.2記事8.3

「MESH」(左)と「FES Watch」(右)

また、”あなたになじむリモコン” がキャッチコピーとなっている多機能コントローラー「HUIS REMOTE CONTROLLER」の出資キャンペーンも、本日よりおよそ1ヶ月半にわたって開催されるとのことです。

記事8.4

多数の家電に跨って、必要な機能だけ表示するようにカスタマイズ可能なリモコン「HUIS REMOTE CONTROLLER」

国内向けのクラウドファンディングサイトとしては「Makuake」などが有名ですが、まだ「クラウドファンディング」というシステムが一般に対して十分に浸透しているとは言い難い状況です。しかし今回、新たにソニーのような大手企業が進出してきたことで、その状況に何らかの変化がもたらされることになるかもしれません。今後のFirst Flightの動向に注目したいところです。

[Sony / First Flight]