Windows 10のRTM版、来週中ごろに完成の見込み

Neowinは9日(現地時間)、今週中の完成が予測されていた「Windows 10」のRTM版は(過去記事)、実際には来週中に登場することになる見込みであると伝えています。

記事70.1

Neowinが内部情報筋から入手した情報によると、当初の計画では米国時間9日にRTM版の完成を迎える予定だったものの、来週の中頃へと計画が変更されたとのことです。しかし、その具体的な日程については言及されていません。

恐らくはOSとしての完成度をより高めるための決断だと思われますが、実際のところ一般消費者にとってこの変更はほとんど影響はないと言える一方で、自社製品に最新OSをインストールする作業が必要とされるOEMメーカー各社にとっては、この ”遅延” はより大きな意味を持つことになり得ます。

なお、先日の公式発表によると(過去記事)、Windows 10は7月29日にまず「Windows Insider Program」の参加者に対して無償アップデート提供が開始、その後「無償アップデート予約」を予め行っていたユーザーにも提供され、最終的にはすべてのWindows 8.xおよびWindows 7ユーザーの手に行き渡ることになるとのことです。

[Neowin]

ソーシャルシェア

コメント投稿