マイクロソフト、「Windows 10」へのアップデート提供スケジュールを発表

米マイクロソフトは2日(現地時間)、今月29日から提供が開始される「Windows 10」のアップデート提供スケジュールを明らかにしました。

記事29.1

今回、Windows 10へのアップデート提供は ”段階的に” 実施されることに。まずは「Windows Insider Program」の参加者に対して7月29日より無償アップデートの提供が開始され、その後「Windows 10」への ”無償アップデート予約” をしていたユーザーが対象となる見通しです。

そして、最終的に「Windows 8.x」および「Windows 7」を利用中するユーザーすべてがアップデートの権利を獲得できるようになるとのことですが、詳細なスケジュールについては開示されませんでした。

なお、エンタープライズ向けのSKUに関しては、まず「Windows 10 Pro」が7月29日から、「Windows 10 Enterprise」および「Windows 10 Education」は8月1日から、アップデートプログラムの実行が可能になるとのことです。また、近日中にOEMパートナーに対しても提供が開始され、遠からず小売店でWindows 10がプリインストールされたデバイスを購入することが可能になることも明らかにされました。

Windows Insider Programへの参加者以外の方にとっては、今回の発表は少々肩透しを食うようなものとなってしまいましたが、遅かれ早かれWindows 10を入手できることに変わりはありません。マイクロソフトの迅速な対応に、大いに期待したいところです。

[Microsoft via The Verge]

ソーシャルシェア

コメント投稿