Windows RT 8.1 Update 3、新たに「DirectUI」スタートメニューを実装か

WinBetaは20日(現地時間)、9月中の提供が先日公約された「Windows RT 8.1 Update 3」(過去記事)のアップデート内容に関して、新たな情報を入手したことを伝えています。

記事148.1

WinBeta独自の情報筋によると、Windows RT Update 3においては、新たに「スタートメニュー」が実装される見込みとのこと。ただし、RTM版の「Windows 10」に実装される最新のスタートメニューではなく、初期のWindows 10テクニカルプレビュー版において実装されていた「DirectUI」スタートメニューが採用されることになる模様です。

その最たる理由としては、DirectUIスタートメニューは「Windows 8.1」のコードをベースに作成されており、Windows 10で新たに導入された一切のAPI群が使用されていないことが挙げられているものの、裏を返せばWindows 10で導入された新機能などの実装にも期待できないということにもなります。

記事148.2

かつてWindows 10のテクニカルプレビュー版に実装されていた「DirectUI」スタートメニュー

実際、WinBetaは、このスタートメニューの実装を ”Windows RT 8.1 Update 3でもたらされる唯一の大きな変更点” と称しているほか、「Continuum」や「タブレットモード」(過去記事)などの新機能も提供されない上に、Windowsユニバーサルアプリの対象プラットフォームからも除外される見込みとしています。

しかしながら、これらの予測は現時点での情報に基づいたものであり、今後の開発期間中に変更される可能性も否定しきれません。続報に期待です。

[WinBeta via Neowin]

ソーシャルシェア

コメント投稿