「Xperia Z5+」はSnapdragon 820を搭載して今年度中にも発表か

MobiPickerは29日(現地時間)、「Xperia Z5+」なる次世代フラッグシップ級ファブレットが今年度中にも発表される可能性が新たに示唆されたと伝えています。

記事217.1

画像は「Xperia Z4」のもの

今回、精力的なリーク活動で大きな注目を集めているLeaksfly氏によって、Xperia Z5+という名称の未発表端末の存在が指摘されることとなりました。氏によると、同機は「Snapdragon 820」を搭載して2016年3月中にも正式発表される見込みとのことです。

以下は、今回Leaksfly氏によってリークされたXperia Z5+の主なスペック。

ディスプレイ 5.7インチ WQHD(2560×1440)ディスプレイ
SoC Qualcomm 64-bit Snapdragon 820
RAM 4GB
ストレージ 32GB
メインカメラ 2,070万画素
フロントカメラ 800万画素
その他 指紋認証機能

そのほか、実機画像やユーザーガイドがリークされている「Xperia C5 Ultra」(過去記事[1][2])と同様に、端末は “べゼルレスデザイン” を新たに採用している模様です。

記事214.1

数日前に公開された「Xperia C5 Ultra」試作機の実機画像

また、今回の情報の中では、この端末の名称はXperia Z5+とされていますが、ディスプレイの大きさやこれまでのソニーの命名体系を踏まえると、むしろ「Xperia Z5 Ultra」として発表されるべきような気もします。しかし、既に「Xperia Z3+」の例が存在している以上、Z5+として準備されていないとは断言できません。

なお、数日前には「Snapdragon 810」を搭載する「Xperia Z5」が9月中にも正式発表される可能性を指摘する情報も伝えられており(過去記事)、仮に今回の情報と合わせてともに事実だとするならば、Z5とZ5+との関係は “上位モデルと下位モデル” に近いものとなりそうです。

[MobiPicker via Phone Arena]

ソーシャルシェア

コメント投稿