Xperia Z5、Snapdragon 810を搭載して9月中に正式発表か

MobiPickerは27日(現地時間)、ソニーの次世代フラッグシップモデル「Xperia Z5」のスペックと発表時期について、新たな情報がリークされたことを伝えています。

記事194.2

Twitterや ”中国版Twitter” として知られるWeibo上などで精力的なリーク活動を行っているLeaksfly氏ですが、今回Xperia Z5に関する興味深い情報が新たにリークされることとなりました。

氏によると、Xperia Z5は米アップルの「iPhone 6s」や韓国サムスンの「Galaxy Note 5」の競合製品として、9月にも正式発表される見込みとのこと。なお先日にも、異なる情報筋を通じて同様の可能性は伝えられていましたが、その一方で8月18日に発表される可能性も指摘されています(過去記事[1][2])。

今回、leaksfly氏はスペック情報についても言及。以下は、伝えられるところのXperia Z5の主なスペック。

ディスプレイ 5.5インチ フルHD(1920×1080)ディスプレイ
SoC Qualcomm 64-bit オクタコア Snapdragon 810
RAM 3GB
ストレージ 32GB
メインカメラ 2,070万画素
フロントカメラ 800万画素
その他 指紋認証機能

仮に上記のスペック情報が事実だとするならば、先日発売された「Xperia Z4(Z3+)」からあまり大きな進化は確認できません。新たに「指紋認証機能」が搭載されたことは明確な進化と言えますが、あとはディスプレイが少々大型化したこととフロントカメラの画素数が「800万画素」へと強化されたこと程度となります。

やはり一番に注目すべきは、Xperia Z4(Z3+)において ”発熱問題”(過去記事)を引き起こした最大の要因とも言われる「Snapdragon 810」を引き続き採用している点でしょうか。

記事194.1

画像は「Xperia Z4」のもの

なお、これまでの噂では米Qualcommの次世代SoC「Snapdragon 820」を採用するとも噂されて注目を集めていましたが、数日前にリークされた最新情報のおいては、引き続きSnapdragon 810が搭載される可能性が指摘されていました(過去記事[1][2])。

現時点では今回の情報の信憑性は定かではありませんが、事実であると仮定するならば、Xperia Z5は当初期待されていたよりもだいぶ ”穏やか” な進化を遂げた端末として、我々の前に姿を現すことになりそうです。

[MobiPicker via Phone Arena]

ソーシャルシェア

コメント投稿