Xperia Z5、Snapdragon 820を搭載し9月中にも国内発表か

TechnoDifyは5日(現地時間)、ソニーの次世代フラッグシップモデル「Xperia Z5」のスペック情報が新たにリークされたと伝えています。

記事41.1

画像は「Xperia Z3」のもの

TechnoDifyによると、Xperia Z5は、Z4と比較してスペック面で大きな進化がもたらされるほか「Xperia Z5 Compact」と「Xperia Z5 Ultra」といった幾つかのバリエーションモデルとともに市場に投入されることになる見込みとのことです。

以下は、今回リークされたXperia Z5のスペック。

SoC Snapdragon 820
RAM 4GB
メインカメラ Sony IMX230(2,100万画素ExmorRSセンサー)
バッテリー 4,500mAh
その他 指紋認証センサー

仮に今回の情報が事実だとするならば、「Snapdragon 820」という次世代フラッグシップSoCや、4,500mAhもの大容量バッテリーに加え、今年4月から大量生産が開始されたばかりのソニー製最新イメージセンサー「IMX230」(過去記事)を搭載するなど、非常に高性能な端末になる模様です。

また、新たに「指紋認証センサー」が実装される一方で、デザイン面に関しては従来のXperia Zシリーズ伝統の「オムニバランスデザイン」を引き続き採用。2015年9月中にも、国内で正式に発表される見込みとされています。

Qualcomm独自の音波式指紋認証技術「Sense ID」の解説映像

なお、4月中旬にも、今回の情報とほぼ同じ内容の情報が伝えられています(過去記事)。その中では、Xperia Z5およびZ5 Ultraには「WQHD(2560×1440)」解像度のディスプレイが搭載され、Z5 Ultraについては米Qualcommが開発した超音波式指紋認証技術「Sense ID」(過去記事)も採用される可能性が指摘されていました。

ただし、その時には、Xperia Z5シリーズは2015年第4四半期ないし2016年第1四半期に発表されるとされており、その点に関しては今回の情報と異なっています。

今回の情報の信憑性にも不確かな部分はありますが、”異なる情報ソースから異なる時期に同様の情報がリークされた” という点には注目する価値があるようにも思われます。

[TechnoDify via Phone Arena]

ソーシャルシェア

コメント投稿