The Vergeは4日(現地時間)、米アップルが、将来的に「Beats 1」と同様の音楽専門ラジオ局の “増設” を計画している可能性が新たに指摘されたと報じています。

記事37.1

アップルの提供する音楽ストリーミング配信サービス「Apple Music」の登場とともに運営が開始されたBeats 1ですが、今回The Vergeが情報筋を通じて入手した情報によると、既にアップルは契約済みの音楽レーベルとの間にさらに「5つのラジオ局で音楽を配信する権利を獲得しており、任意のタイミングでBeat 1以外のラジオ局を開設することが可能な状況にあるとのことです。

なお、現在音楽レーベル側は、アップルとApple Musicの展開を見極めている最中であるものの、現時点での評価は “pretty pleased(かなり満足している)” とされている模様。また今回、Apple Musicを通じて楽曲が再生されるたびにレーベル側に支払われる金額は、ライバルサービスの1つ「Pandra」を上回っているともされています。

そのほか、懸念されていたApple MusicとiTunesによる “共食い” の影響は、現時点では微々たるもののようです。The Vergeによると、iTunes経由の楽曲ダウンロード数は引き続きの減少傾向にあるものの、少なくともApple Musicのサービスインからの1ヶ月間においては、減少速度に目に見える加速は発生しなかったとのこと。

残念ながら今回、いつ頃、どこに、どのような新ラジオ局を設立するかといった具体的な詳細には言及されませんでしたが、Apple Musicの “無料お試し期間” が満了した後の利用者数の推移次第では、すぐにでも増設されることになるかもしれません。

[The Verge]