Android版「Cortana」アプリ、パブリックベータ版の提供を開始

米マイクロソフトは24日(現地時間)、Android OSプラットフォーム向けに提供する「Cortana」アプリのパブリックベータ版の提供を、新たに開始したことを発表しました。

記事144.1

既にクローズドベータ版の提供は実施されていたほか、先日にはAndroidスマートフォン上において「Google Now」の代わりにCortanaをデフォルトのバーチャルアシスタントシステムに設定することも可能となっていましたが(過去記事)、今回ついにすべてのAndroidユーザーを対象にしたパブリックベータ版の提供が開始されることとなりました。

マイクロソフトによると、現時点では “米国内のユーザー” に限定されるものの、将来的には他の地域においても利用が可能になる予定とのことです。

また、基本的に「Windows 10」を搭載したPCないしWindows Phone上で実行できる操作はこのAndroid版アプリにおいても実行可能ではあるものの、トグルの設定変更や音声入力による他アプリの実行、および「Hey Cortana」をキーワードにしたCortanaアプリの起動などの特定の操作は、Androidデバイス上では実行不可能とされています。

なお、国内でも既にWindows 10を利用するユーザーの数は着実に増加しつつありますが、残念ながら現時点では “日本語版” のCortanaを利用することはできません。

しかし先月には、数か月以内にも日本語版のCortanaの提供が開始されることが公式に明言されていますので(過去記事)、近日中にもCortanaが国内に “初上陸” することとなりそうです。

[Blogging Windows via The Verge / Google Play]

ソーシャルシェア

コメント投稿