Google、持ち株会社「Alphabet」設立を発表 ―大規模な構造改革を実施

米Googleは10日(現地時間)、持ち株会社の新設および人事異動を含む大規模な構造改革を実施したことを正式に発表しました。

記事69.2

今回新たに「Alphabet」という名称の持ち株会社が設立され、今後GoogleはAlphabetの完全子会社として運営されることになるほか、これまでGoogleに属してきたいくつかの部門も分離されてAlphabetにより直接運営されるとのことです。

また、AlphabetのCEOと社長には、それぞれGoogleの共同創立者であるラリー・ペイジおよびセルゲイ・ブリンの両氏が就任し、新生GoogleのCEOの座には、Chrome OSやAndroid部門のトップとしても知られるサンダー・ピチャイ氏が収まることとなりました。

以後Googleは、検索システム、広告、地図、Google Playストア、YouTubeおよびAndroid部門の運営を担当することになります。一方で、先進技術開発部門のGoogle X Labやスマートホーム部門のNest、ヘルスケア関連の事業を担当するLife Scienceや投資事業を担うGoogle Ventureなどの多くの部門はAlphabetによって直接運営されることになるようです。

記事69.1

Googleの新CEOサンダー・ピチャイ氏

なお、ペイジ氏はAlphabetの存在を “会社の集合体” と称し、その筆頭は当然Googleになることを強調。また、Alphabetという名称を一般消費者向けのブランドとしては使用されることはないことを明言しています。そのほか、会社名の由来については “予測以上のリターン” を意味する投資用語「Alpha」と「Bet(賭け)」との組み合わせであることも明らかにされました。

突然の発表に世界中から大きな注目と関心とが集まることとなりましたが、この構造改革はペイジ氏の目論見通りの結果に繋がるのでしょうか。今後のGoogleおよびAlphabetの動向に要注目です。

[Google via The Verge]

ソーシャルシェア

コメント投稿