Intel、「Skylake-S」シリーズの最上位モデルを正式発表

米Intelは5日(現地時間)、現在ドイツで開催中の欧州最大のゲーム見本市「gamescom 2015」において、「Core i7-6700K」および「Core i5-6600K」を正式に発表しました。

記事38.4

発表された両モデルは、ともにIntelの最新マイクロアーキテクチャ「Skylake」をベースに開発されており、“メインストリーム帯向けデスクトップCPU” の分野におけるCore i7およびCore i5シリーズとしては、どちらも最上位モデルとなります。なお、ともに「CPU倍率」がデフォルトで解除されており、OC(オーバークロック)をすることで更なる性能向上を狙うことが可能となっています。

また、このプロセッサの全機能を利用するにはIntel最新のチップセット「Intel Z170」を搭載したマザーボードが必要となるほか、Z170は従来的な「DDR3Lメモリ」に加えて新たに「DDR4メモリ」をサポート。さらにメモリをOCすることで、最大「DDR4-4,133」規格まで対応します。

以下はCore i7-6700KおよびCore i5-6600Kの主なスペック。

記事38.1

Core i7-6700K Core i5-6600K
CPU コードネーム Skylake-S Skylake-S
ソケット LGA1151 LGA1151
製造プロセス 14nm 14nm
物理CPUコア数 4 4
論理スレッド数 8 4
ベース動作周波数 4.0GHz 3.5GHz
最大動作周波数 4.2GHz 3.9GHz
L2キャッシュ 256KB × 4 256KB × 4
L3キャッシュ 8MB 6MB
L4キャッシュ 非搭載 非搭載
CPU倍率 解除 解除
GPU モデルナンバー Intel HD Graphics 530 Intel HD Graphics 530
ベース動作周波数 350MHz 350MHz
最大駆動周波数 1,150MHz 1,150MHz
メモリ 対応メモリ規格 DDR4 – 2,133MHz
DDR3L – 1600MHz
DDR4 – 2,133MHz
DDR3L – 1600MHz
チャネル数 2 2
TDP 91W 91W

Intelの発表によると、「Haswell Refresh」ファミリーの最上位モデル「Core i7-4790K」と比較した場合、Core i7-6700KはCPU性能においておよそ10%程度の向上を実現しているとのこと。同様に「Core i7-4770K」からはおよそ20%、「Core i7-3770K」からはおよそ30%のCPU性能向上を達成しているとされています。

一方、グラフィック性能については、新たに「Intel HD Graphics 530」という従来の命名体系から一新された名称のGPUが統合。Intel製GPUとして初めて「DirectX 12」への対応を果たしているほか、各種ベンチマークテストにおいて、Core i7-3770K比で20~40%の性能向上を果たしていることが明らかにされました。

記事38.3

「Core i7-6700K」の性能向上幅について紹介されている

なお今回、Skylakeアーキテクチャの詳細については開示されませんでしたが、Intelは8月18日に開催される「IDF(Intel Developer Forum)」においてその全貌を明らかにすることを明言。また、より多くのSkyalakeファミリー製品が2015年第3四半期中にも発表される予定であることも強調しています。

ちなみに、Core i7-6700KとCore i5-6600Kの販売価格は、それぞれ「350ドル(約4万4千円)」と「243ドル(約3万円)」に設定されており、既に販売も解禁されています。

記事38.2

残りの「Skylake-S」シリーズは、2015年第3四半期中に登場へ

単純な性能向上幅としては、Haswell Refreshや「Broadwell-K」シリーズのCPUをシステムに組み込んでいるユーザーを乗り換えさせるにはやや不足な感もありますが、DDR4メモリへの対応やDirectX 12への対応。さらに各種新命令セットへの対応や新機能の実装など、細かな点で多くの進化を遂げているものと思われます。

このマイクロアーキテクチャへの最終的な評価は、少なくとも今月18日のIDFにおいて詳細が開示されるまで保留しておいた方が良さそうです。

[WCCFtech]

ソーシャルシェア

コメント投稿