「iPhone 6s」カメラ、1200万画素で4K動画撮影対応 -FaceTimeカメラにもフラッシュ

毎年マイナーチェンジモデルとされる「s」付きiPhoneですが、今年の新型iPhoneはカメラ機能が大幅にパワーアップするとの情報が入ってきました。

iphone6_camera_xlarge

この情報は9to5Macが独占情報として伝えているもので、来月発表される予定の「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」の両機種において約1200万画素カメラを搭載するとしています。また、A9チップに移行するとみられているイメージシグナルプロセッサの改良により、画質を落とさずに処理をすることが可能になるとのことです。

これまでのiPhoneのカメラは約800万画素でしたが、新しいiPhoneではより大きなサイズで高解像度な画像が撮れるようになりそうです。

さらに9to5Macは、動画撮影機能も大幅に向上すると伝えており、iPhone 6sシリーズでは、4K(3840×2160)解像度の動画撮影に対応するとのことです。

アップルは、4K動画撮影をiPhone 6sシリーズの売りにするとみられており、今後の普及が予想される4Kテレビの大きな後押しになる可能性があります。

ここまで、メインカメラの大幅なアップグレードをお伝えしてきましたが、iPhoneのフロント部に位置するFaceTimeカメラについても、変化がありそうです。

情報によると、iPhone 6sシリーズのFaceTimeカメラがフラッシュ撮影に対応するとのこと。

以前にも、iOS 9のコードからフロントカメラにLEDフラッシュが搭載されることが判明したと伝えれていました(過去記事)。しかし今回の情報によると、LEDフラッシュを搭載するのではなく、撮影する瞬間にディスプレイが強い白光を放ち、擬似的なフラッシュを再現するとしています。

FaceTimeカメラのフラッシュ対応は、自分で自分を撮影する “selfie(セルフィー)” をよく行うユーザーには、朗報となりそうです。

アップルは、これまでの情報通り現地時間9月9日にスペシャルイベントを開催すると発表しました(過去記事)。iPhone 6sは、A9チップを搭載しForce Touchに対応すると繰り返し伝えられており、サプライズ感が減ったように感じていた方もいたかもしれませんが、大幅なカメラ機能のアップグレードはこれまでのマイナーチェンジとは違う変化になるかもしれません。

[9to5Mac]

ソーシャルシェア

コメント投稿