「iPhone 6s」に新色登場か、4インチは「5s」のみに

9to5Macは27日(現地時間)、新型「iPhone 6s」シリーズに新色ローズゴールドモデルが加わると伝えています。

iphone-6s-shoplemonde-02

iPhone 6sシリーズに新色が加わることはこれまでにも伝えられており、ピンクモデルなる実機の画像も登場していました(過去記事)。ピンクモデルについては、噂が浮上しては否定されてきたとおり存在しない模様で、新色はローズゴールドモデルとして登場することになりそうです。

また、ディスプレイに関しては、その防護にサファイアクリスタルの採用も考えられていましたが、iPhone 6sシリーズでは「Apple Watch Sport」にも採用されたIon-Xガラスになるとのことです。ディスプレイに搭載されるとみられているForce Touchについては、「MacBook」シリーズや「Apple Watch」シリーズと似たものになるが若干異なり、単にiOSのショートカットに用いられる感圧タッチ機能となり、Force Touchという名称は使用されないとしています。

ピンクモデルのほかにこれまで伝えられてきた怪しい情報といえば、4インチの「iPhone 6c」の噂ですが、これまで繰り返し否定情報が流されてきた通り、今年登場する可能性はないとのことです。

現状アップルが取り扱っている4インチモデルは、「iPhone 5s」と「iPhone 5c」ですが、5cの販売は9月で終了になるとのことで、ラインナップに残る4インチモデルはiPhone 5sのみになる模様です。

4インチの新型iPhoneを切望する声は多々聞こえてきそうですが、この流れでは今後も期待できない可能性が高そうです。「iPhone 5cはなんのためにつくられたのか」といった疑問も出てきそうですが、2013年は単に2種類の新型モデルの同時製造・発売をコストを抑えて試してみたかったのかもしれません。

アップルの新製品発表イベントは、現地時間9月9日に開催されます。

[9to5Mac[1], [2]]

ソーシャルシェア

コメント投稿