WCCFtechは16日(現地時間)、米アップルの次世代SoC「A9」および「A9X」のベンチマークスコアが、新たに “中国版Twitter” ことWeibo上にリークされたことを伝えています。

記事109.1

Geekbench 3およびGFXBenchにおける「A9」プロセッサのスコア

リークされた情報によると、Geekbench 3ベンチマークにおけるA9プロセッサのシングルコアおよびマルチコア性能のスコアはそれぞれ2090と3569とのこと。同テストにおける「A8」プロセッサのスコアが、それぞれ1600前後と2900前後である点を踏まえると、順当な性能向上を果たしているようです。

なお、GPU性能を図るベンチマークソフトGFXBenchにおけるA9プロセッサのスコアは、オフスクリーンモードの「Manhattan」および「T-Rex」においてそれぞれ30.3fpsと66fpsを記録したとされています。

記事109.2

Geekbench 3における「A9X」プロセッサのスコア

さらには、Geekbench 3におけるA9Xプロセッサのスコアもリークされました。情報によると、シングルコアとマルチコア性能のスコアはそれぞれ2109と5101とのこと。「iPad Air 2」に搭載されている「A8X」プロセッサのスコアがそれぞれ1812と4477ですので、A9プロセッサ同様こちらも順当にパフォーマンスが引き上げられている模様です。

また今回、ここ数日の間に立て続けにGeekbench 3ベンチマークのスコアに関する情報がリークされた「Kirin 950」や「Exynos M1」(過去記事[1][2])、そして「NUCLUN 2」(過去記事)とA9およびA9Xを含む計7モデルによるGeekbenchスコアの比較グラフも公開されています。

このグラフを見る限りでは、高性能ぞろいの次世代SoC群の中でもExynos M1が頭一つ抜け出している印象です。

記事109.3

各SoCのGeekbench 3のスコアを比較したグラフ

残念ながら、現時点で情報の信憑性は定かではないものの、A9Xプロセッサが実際に開発されているとするならば、ここ最近の「今年はiPad Air 3が発表されない」という噂(過去記事)は事実ではないことが考えられます。噂通りにiPad Air 3は発表されず、12.9インチの「iPad Pro」のためにA9Xプロセッサが用意されている可能性も現状否定しきれませんが、現時点ではどれも憶測に過ぎません。続報に要注目です。

[Weibo via WCCFtech / Phone Arena]