iPhone 6sシリーズの「ローズゴールドモデル」実機画像がリーク -偽物の可能性も

Phone Arenaは18日(現地時間)、9月9日に正式発表される見込みの「iPhone 6s」シリーズにおいて、新たに追加されると噂されている「ローズゴールドモデル」の実機画像が、中国メディアによってリークされていたと伝えています。

記事114.5 記事114.1

こちらの画像からは、「iPhone 6s」および「iPhone 6s Plus」のローズゴールドモデルと見られる端末が、“化粧箱” に綺麗に収められている様子を確認できます。

また、その色味については、「Apple Watch Edition」に用意されているかローズゴールドモデルよりも、更に “ピンクがかっている” ように見受けられます。

記事114.3

記事114.2 記事114.4

底面部スピーカーの孔の数を見るに、画像に映る端末は「iPhone 6s Plus」か

そのほか、こちらの画像ではiPhone 6s Plusと見られる端末の細部の様子が捉えられていますが、一見する限りでは現行モデルとの目に見えた違いは確認できません。これまでの情報でも、iPhone 6sシリーズがデザインに関してiPhone 6から全く変化しない可能性が指摘されており、外観からこの画像の真偽を探るのは難しいものと思われます。

しかしながら、この画像には「Touch IDのリングやネジの色が端末と異なり不自然である」との指摘がなされており、製造を担当する台湾Foxconnの関係者も、「このような色の端末は見たことがない」とその存在を否定しています。

これまでの情報によると、iPhone 6sシリーズは9月9日に発表され、9月18日に発売を迎える見込みとのこと(過去記事)。3週間後にはすべてが明らかにされているはずです。

[Daliulian (翻訳)via Phone Arena]
[M.I.C. Gadget via 気になる、記になる…]

ソーシャルシェア

コメント投稿