「Lumia 950」シリーズのプレス画像が流出

The Vergeは26日(現地時間)、米マイクロソフトの次世代フラッグシップスマートフォン「Lumia 950」と「Lumia 950 XL」のプレス画像が流出したと伝えています。

cityman.0 talkman.0

画像上のシアンの端末がLumia 950 XLで、下のブラックの端末がLumia 950です。画像では同じサイズの端末に見えてしまいますが、Lumia 950 XLが5.7インチ、Lumia 950が5.2インチの大きさになります。

両機種とも角ばったフォルムや隆起したカメラ部分、ロゴの位置などよく似たデザインになっていますが、細部を見てみると、LEDフラッシュの位置やレンズ周り、サイドボタンの数や配置など異なる点もあります。

また、Windows 10の新機能「Continuum」(従来的なマウスとキーボードによる操作とタッチ操作とをシームレスに連携させる機能)をサポートするアクセサリーもリークされており、USBデバイスを追加接続しての使用が可能になるようです。

citymancontinuum.0

Lumia 950は、5.2インチのWQHD(1440×2560)OLEDディスプレイ、64-bit ヘキサコア Snapdragon 808を、Lumia 950 XLは、5.7インチのWQHD(1440×2560)OLEDディスプレイ、64-bit オクタコア Snapdragon 810を搭載していると伝えられています。

両機種とも3GB RAMで、内部ストレージは32GB。microSDカードスロットやQi無線充電、USB Type-Cに対応しているとのことです。

カメラ機能については、ともに約2000万画素のリアカメラと約500万画素のフロントカメラとなっていますが、Lumia 950 XLはPureViewカメラでトリプルLEDフラッシュを搭載しているようです。

マイクロソフトは、現地時間10月19日に大規模な新製品発表イベントを開催することが伝えられており(過去記事)、今回リークされたLumia 950シリーズのほかにも、「Surface Pro 4」や「Microsoft Band 2」などの発表も期待されています。

[The Verge]

ソーシャルシェア

コメント投稿