マイクロソフト、iOSアプリの移植補助ツール「Windows Bridge for iOS」を発表

米マイクロソフトは6日(現地時間)、WindowsプラットフォームへのiOSアプリの “移植” を容易にするツール「Windows Bridge for iOS」の提供を開始しました。

記事49.1

この「Windows Bridge」は、今年4月末にマイクロソフトが開催した開発者向け年次カンファレンス「BUILD 2015」において初めて存在が明らかにされたツール(過去記事)であり、今回提供が開始されたのはそのiOS向けバージョン。今秋頃の正式リリースが予告されていましたが、今回 “暫定版” の提供が開始されることとなりました。

マイクロソフトによると、あくまでも今回提供を開始したのは開発段階のものであり、BUILD 2015で披露したいくつかの要素については未実装あるいは開発の初期段階にあるとのことです。

また、このツールは「Windows 8.1」および「Windows 10」アプリの両方に対応するものの、現時点では「x86」ないし「x64」アーキテクチャ上で動作するアプリのみをサポートしており、「ARM」アーキテクチャへのサポートは近日中に追加される予定とされています。

[Microsoft via 9to5Mac]

ソーシャルシェア

コメント投稿