サムスン、「Galaxy Note5」を正式発表 -フラッグシップ級ファブレット

韓国サムスンは13日(現地時間)、高性能ファブレット端末「Galaxy Note5」を正式に発表しました。

記事84.1

かねてから本日の発表が噂されていたGalaxy Note5でしたが、ついにその全貌が明かされました。「Galaxy Note」シリーズの特徴はそのままに、「Galaxy S6」シリーズで新たに導入されたエッセンスを、デザインおよびスペックの両面において多分に取り込んだ端末に仕上げられています。

以下は、主なスペック。

OS Android 5.1.1 Lollipop
ディスプレイ 5.7インチ WQHD(2560×1440)Super AMOLEDディスプレイ
液晶保護 Corning Gorilla Glass 4
SoC Samsung 2.1GHz駆動 64-bit オクタコア Exynos 7420
RAM 4GB
ストレージ 32 / 64GB UFS 2.0
メインカメラ 1600万画素 (OIS / LEDフラッシュ 搭載)
フロントカメラ 500万画素
バッテリー 3000mAh(非着脱式)
ネットワーク 2G / 3G
4G LTE(LTE Cat.9 / Cat.6)※キャリア、販売地域により異なる
ワイヤレス Bluetooth 4.2
デュアルバンドWi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
NFC
MST(Magnetic Secure Transmission)
その他 ワイヤレス給電機能(Qi / PMA)
急速充電機能(有線 & 無線)
指紋認証機能 
microUSB 2.0ポート
microSDカードスロット “非搭載”
カラーバリエーション ブラック サファイア / ホワイト パール
ゴールド プラチナム / シルバー チタニウム
外形寸法 153.2(W) × 76.1(D) × 7.6(H) mm
本体重量 171g

SoCには、噂されていた「Exynos 7422」ではなくGalaxy S6シリーズと同一の「Exynos 7420」を採用し、RAM容量は4GBへと増量。また、Galaxy S6シリーズと同様にUFS 2.0準拠の高性能ストレージを採用するものの、最大容量は64GBまでに止められ、128GBモデルは用意されていません

そのほか、事前情報の通りバッテリー容量は3000mAhとなり、「Galaxy Note 4」からは220mAhほど容量が削減された一方で、新たに “有線接続および無線接続の双方において” 急速充電への対応を果たしています。

記事84.4

ワイヤレス給電においても急速充電が可能に

筐体は、S6シリーズと同じく金属素材とガラス素材の組み合わせによる美しい色合いと高い質感を両立させたデザインとなり、先代モデルから1.0mm近い薄型化を実現。

Galaxy Note5では、「S-Pen」の構造や機能性も改善されています。S-Penのペン尻はクリック式の構造を新たに採用し、ペンを本体から取り出す際の利便性が大きく強化されました。また、Galaxy Noteシリーズ伝統の便利機能として知られるエアコマンドも改善され、更なる進化を遂げたとのことです。

記事84.2

S-Penのペン尻はノック式に

カメラ性能に関して言えば、フロントカメラが500万画素へと強化された一方で、メインカメラの画素数は先代モデルから据え置きに。メインカメラでは、4K(3840×2160)解像度の動画を30fpsで撮影可能なほか、フルHD(1920×1080)解像度の映像を60fpsの高フレームレートでYouTube上にストリーミング配信することが可能とされています。

さらに、動画撮影時には電子式手ぶれ補正機能が有効化されるようになり、より手ぶれの少ない美しい映像を撮影することが可能になりました。

記事84.5

「MST」により、安全性の高い決済の実行を可能に

また、サムスン独自のモバイル決済システム「Samsung Pay」にも対応。新たに実装されたMST(Magnet Secure Transmission)という無線接続システムを介することで、決済する際に店舗に設置された端末との間でセキュリティ性の高い通信を実行することが可能になるようです。

そのほか、ホームボタンには改善された指紋認証センサーを統合し、新たに「Ultra High Quality Audio」と呼ばれる機能を搭載してオーディオ性能を強化。独自UI「TouchWiz」も最新のものへと刷新するなど、先代モデルから全体的な改善が施されていることが明らかにされました。

記事84.3

最新の「TouchWiz」は、先代モデルと比較してさらにシンプルに

なお、Galaxy Note5は、米国市場においては本日より先行予約の受付を開始し、8月21日より販売が開始されます。キャリア契約なしの場合、64GBモデルが800ドル(約9万9000円)前後で販売されるとのこと(※キャリアにより異なる)。また残念ながら、現時点では日本市場への提供計画の有無は明らかにされていません

端末としての全体的な完成度は非常に高い水準で仕上げられている印象を覚えますが、一方でデザインの変更や着脱不能なバッテリーの採用、Galaxy S6シリーズでは用意された128GBモデルやmicroSDカードスロットの “不在” などの点については、賛否が分かれることとなりそうです。

[GSMArena / Phone Arena[1][2]]

ソーシャルシェア

コメント投稿