SamMobileは21日(現地時間)、サムスンが開発中と噂される「18.4インチ」ディスプレイを搭載した未発表タブレット端末(過去記事)のスペック情報を、新たに入手したことを伝えています。

記事131.1

画像は「Galaxy Tab S 10.5」のもの

SamMobileが入手した情報によると、この大型タブレットのモデルナンバーと開発コードネームはそれぞれ「SM-T670」「Tahoe」となり、Android 5.1 Lolipopベースのミッドレンジ級モデルとして発売される見込みとのことです。

以下は、今回リークされたSM-T670の主なスペック。

OS Android 5.1 Lollipop
ディスプレイ 18.4インチ フルHD(1920×1080)液晶ディスプレイ
SoC Samsung 1.6GHz 64-bit オクタコア Exynos 7580
RAM 2GB
ストレージ 32GB
メインカメラ 800万画素
フロントカメラ 210万画素
バッテリー 5,700mAh
その他 microSDカードスロット (最大128GB)
外形寸法 451.8(W) × 275.8(D) × 11.9(H) mm

「Exynos 7580」は、先日発表されたサムスンの新型ミッドレンジ級スマートフォン「Galaxy J7」にも搭載されるオクタコアSoCですが、構成するCPUコアはすべて「Cortex A53」となっており、性能的にはミッドレンジ級のチップとなります。また今回、SM-T670の正式名称については不明とされているほか、登場時期に関する手掛かりも入手できませんでした。

なお、昨日には、サムスンによって「Windows 10」ベースの12インチタブレットPCが開発されている可能性も指摘されており(過去記事)、既にその存在が知られていた18.4インチタブレットと同じシリーズの端末として登場するのかとも思われましたが、どうやら両者は全く異なる端末として発表されることになりそうです。

[SamMobile via Phone Arena]