ソフトバンク、米ネットフリックスとの提携を発表 -料金プランも

ソフトバンクは24日、動画配信大手の米ネットフリックスとの提携を発表しました。

softbank_logo75f18d4c

発表によると、ソフトバンクは今年9月2日に日本でのサービス提供を開始するネットフリックスと提携し、ソフトバンクショップや家電量販店などの店頭、同社オンラインサイトなどからの申し込みに対応するとのこと。

ネットフリックス日本版の利用料金についても今回初めて明らかになり、画質や同時視聴可能数でプランを分けて提供します。

ベーシックプラン標準画質(SD)、同時視聴1ストリーミング月額650円(税抜)
スタンダードプラン高画質(HD)、同時視聴2ストリーミング月額950円(税抜)
プレミアムプラン超高画質(UHD 4K)、同時視聴4ストリーミング月額1450円(税抜)

ネットフリックスの利用料金は、ソフトバンクの携帯電話や「SoftBank 光」の使用料金とまとめて支払うことができ、ソフトバンクは、ネットフリックスの申し込み受付から請求までを行う国内唯一の企業となります。

また、ソフトバンクとネットフリックスの共同で、オリジナルコンテンツの制作も検討しているとのことです。

今回発表されたサービスへの加入申し込みは、ソフトバンクの携帯電話やSoftBank 光の利用者が対象となっており、ソフトバンクの通信サービスを利用していない人は、直接ネットフリックスへの加入申し込みが必要になる模様です。また、サービスの利用料金プランに関しても、ソフトバンク独自のものである可能性があります。

定額の動画配信サービスは、競合するNTTドコモが「dTV」を、KDDIが「ビデオパス」をそれぞれ提供しており、ソフトバンクもエイベックス・グループと共同で「UULA」の提供を行っていました。ソフトバンクが動画配信の世界覇者との呼び名も高いネットフリックスと新たに手を組むことで、競合から頭一つ抜けた存在になるかもしれません。

[ソフトバンク]

ソーシャルシェア

コメント投稿