「iPhone 6s Plus」の怪しいパッケージが登場、バッテリー容量は減少か

新型iPhoneの発表時期が近づくと多くなるリーク情報ですが、今回は本体やパーツではなく怪しいパッケージ画像が流出しました。

365x650x1839e0c5dd3413e.jpg.pagespeed.ic.ipQlmJFYMm

この画像は、中国経由で伝えられているもので、不鮮明ながら「iPhone 6s Plus」という表記が見て取れます。

これまでのiPhoneのパッケージといえば、端末の画面にiOSのホーム画面を表示したものがプリントされていましたが、「iPhone 6」シリーズでは無地となっていました。今回流出した画像は、そのどちらにも当てはまらず、”なんとも言えない絵” がiPhone 6s Plusのディスプレイに表示されています。

また、バッテリー容量に関する情報も同時に伝えられており、iPhone 6sは1715mAh、iPhone 6s Plusは2750mAhに減少するとのことです(iPhone 6は1810mAh、iPhone 6 Plusは2915mAh)。

iPhone 6sのバッテリーに関しては、以前にも画像がリークされており、そのときの容量も1715mAhとの表記で、今回の情報と合致していました。

678x602xBatterie-iPhone-6c-1715mAh.jpg.pagespeed.ic._3lUK1EQGh

iPhone 6sは、各種チップで改良が施されていることが確認されており(過去記事)、バッテリー容量が減っても現行モデルと同じ駆動時間になるものとみられます。

バッテリー容量の情報については、正しいものとみてもよさそうですが、パッケージ画像に関してはにわかには信じがたく、偽物である可能性が高そうです。

[cnBeta via 気になる、記になる・・・]

ソーシャルシェア

コメント投稿