Android版「Cortana」アプリ、Google Nowと置き換え可能に

Microsoft Newsは9日(現地時間)、米マイクロソフトの提供するAndroid OSプラットフォーム向けの「Cortana」アプリが、最新のアップデートで新機能を追加したと伝えています。

記事62.1

Cortanaは、今年5月中旬にAndroid OSおよびiOS版アプリの提供計画が発表され(過去記事[1][2])、実際に先月には米国内の一部ユーザーに対してベータ版の提供が開始されていました。今回のアップデートでは、利便性が大きく向上した新機能が実装されています。

原則的に、Android OSをインストールした近年のスマートフォンは、米グーグルの提供する「Google Now」がデフォルトのバーチャルアシスタントシステムとして設定されています。そのため、先日までのベータ版においては、Cortanaを利用する際にその都度アプリを起動させる必要がありました。

しかし、今回のアップデートにより、Google Nowの代わりにCortanaをデフォルトのバーチャルアシスタントシステムに設定することが可能になり、一部モデルにおいてはホームボタンを長押しすることで即座にCortanaを起動させることが可能になったとのことです。

記事62.2

デフォルトの起動設定を選択可能に

ただし、すでにWindows PhoneやWindows 10では利用可能な「Hey Cortana」というキーワードによる音声起動機能は、未だ実装されていない模様です。

なお、残念ながら現時点では正式版のリリース時期や今後のアップデート内容などについては不明となっており、続報に期待したいところです。

[Microsoft News via The Verge]

ソーシャルシェア

コメント投稿