「iPhone 6s」とiPhone 6のフロントパネル比較動画が公開される

Phone Arenaは10日(現地時間)、9月中の登場が予測される「iPhone 6s」と現行最新モデル「iPhone 6」のフロントパネルを比較した動画が、YouTube上に公開されたことを伝えています。

今回の動画は、フランスのアップル製品の修理ショップMacManiackによって公開されたもの。比較動画を見る限りでは、iPhone 6sのフロントパネルは、iPhone 6に搭載されるものと比較して、いくつかの点で明確な変更が施されていることが分かります。

その中でも特筆すべきは、やはり「Force Touch」テクノロジーを実装するために搭載されたとみられる “謎の小型センサー” の存在でしょうか。そのほか、内部ケーブルの形状や本数なども変更されている模様です。

また、今回の動画に映っているiPhone 6sのものとされるフロントパネルは、先日信頼できる情報筋からリークされた画像のものと酷似しており(過去記事)、おそらくは “本物” であると判断しても良さそうです。

なお、数日前にリークされた情報によると、iPhone 6sシリーズは、新型「iPad」や新型「Apple TV」とともに9月9日に正式発表される見込みとのことです(過去記事)。

[Phone Arena]

ソーシャルシェア

コメント投稿