ソニー、自撮り特化型ファブレット「Xperia C5 Ultra」を正式発表

ソニーは3日(現地時間)、自撮り性能に特化したスマートフォンシリーズの最新モデル「Xperia C5 Ultra」を発表しました。

記事17.1

Xperia C5 Ultraの最大の特徴は、メインおよびフロントカメラに「1,300万画素」のソニー製Exmor RSセンサーを採用している点にあります。また、両カメラともにソフトLEDフラッシュに加え単焦点距離の広角レンズが搭載されている一方で、光学式手ぶれ補正機構(OIS)は搭載されていません。

Xperiaシリーズとしては “異例” とも言えるべゼルレスデザインを採用したフロントパネルも特徴的ですが、防水機能やステレオスピーカーといった機能の搭載は見送られることとなりました。

以下は、Xperia C5 Ultraの主なスペック。

記事17.2

OS Android 5.0 Lollipop
ディスプレイ 6.0インチ フルHD(1920×1080)IPSディスプレイ
SoC MediaTek 1.7GHz駆動 64-bit オクタコア MT6752
GPU Mali-T760 MP2(@700MHz)
RAM 2GB
ストレージ 16GB
メインカメラ 1,300万画素 Exmor RSセンサー(ソフトLEDフラッシュ)
フロントカメラ 同上
バッテリー 2,930mAh
ネットワーク 2G / 3G / 4G LTE
ワイヤレス Bluetooth 4.1
Wi-Fi 
NFC
その他 microSDカードスロット (最大200GB)
外形寸法 164.2(W) × 79.6(D) × 8.2(H) mm
本体重量 187g

上記に加え、ソニー独自の省電力技術「スタミナモード」や高画質化技術「Mobile BRAVIA Engine 2」なども実装。ソニーによると、一回の充電で2日間の使用に耐えるとのことです。

なお、Xperia C5 Ultraは、新興成長市場を中心としていくつかの市場において8月中旬より販売が開始される予定とされていますが、今回詳細な販売価格については開示されませんでした。

[Sony via Phone Arena]

ソーシャルシェア

コメント投稿