米アップル、4K 21.5インチ新型「iMac」を10月に発表か

9to5Macは3日(現地時間)、独占情報として4K解像度のディスプレイを搭載した新型「iMac」が10月にも登場すると伝えています。

screenshot-2015-09-03-13-09-42

この情報は、信頼できる情報筋の話として伝えられており、米アップルがiMacシリーズに21.5インチの新型モデルを投入する計画を進めているとのことです。アップルの計画によると、10月末に21.5インチの新型iMacを発表し、11月初めまでには「OS X El Capitan」を搭載して発売する予定であるといいます。

OS X El Capitanのbeta版からは、4K解像度のディスプレイを搭載したモデルのサポートを示す記述が見つかっており、その解像度は4096 × 2304となっています。

retina

アップルは、昨秋に5K(5120 × 2880)解像度の27インチiMacを発表していますが、現在iMacのラインナップに4K解像度のモデルは存在していません。現行21.5インチiMacは1920×1080解像度なので、今秋登場が予想される21.5インチiMacは、約4倍の解像度に引き上げられることになります。

なお、27インチモデル同様、これまで発売してきた解像度のiMacも併売することが予想され、iMacシリーズのラインナップは大きく分けて以下の4機種になる見込みです。

  • 21.5インチ フルHD(1920 × 1080)解像度モデル
  • 21.5インチ 4K(4096 × 2304)解像度モデル
  • 27インチ WQHD(2560 × 1440)解像度モデル
  • 27インチ 5K(5120 × 2880)解像度モデル

昨年サプライズとして登場した27インチ5K解像度のiMacですが、やはり21.5インチモデルにも高解像度モデルが用意されているようです。

[9to5Mac[1][2]]

コメント投稿