米グーグルは31日(現地時間)、同社の提供するスマートウォッチ向けOS「Android Wear」が、正式に「iPhone」をサポートしたことを発表しました。

記事3.1

グーグルによると、本日正式リリースを迎えた専用アプリ「Android Wear for iOS」を利用することで、Android Wearを実装したデバイスは「iOS 8.2」以降のiOSを実装したiPhone(iPhone 5 / 5s / 5c / 6 / 6 PLUS)との連携を実現したとのことです。

また今回、現時点ではAndroid Wear for iOSを利用可能となるのは「LG Watch Urbane」のみとなるものの、今後中国ファーウェイ、台湾ASUSおよびモトローラなどから登場する新型Android Wearデバイスも同アプリをサポートすることが明らかにされました。

一方で、既に「Moto 360」および「LG G Watch R」においてもAndroid Wear for iOSを問題なく利用可能であることが確認されたことを、9to5Googleは伝えています。

ちなみに、Android Wear for iOSを用いて連携することにより、電話やメール、アプリからの通知の受信や、Android Wearデバイス内蔵の各種センサー類が計測したデータの表示、運動目標の設定、あるいは、直近のスケジュールやその日の天候、交通情報などの情報などをスマートウォッチ上で確認したり、音声入力によりリマインダーの作成を行ったりすることが可能になるようです。

記事3.3

先日公開された「Huawei Watch」のティザー画像

なお、昨日にはファーウェイによって同社最新のスマートウォッチ「Huawei Watch」の発売日を示唆するティザー画像が公開されたことが報じられましたが(過去記事)、同時にアマゾンストア上に確認された製品情報に「iOS 8.2」以上を実装した端末との連携を実現することが明記されていたことが伝えられていました。

かねてより噂のあったAndroid WearとiOSデバイスとの連携(過去記事)がついに実現することとなりましたが、反対に「watchOS」が「Android OS」を正式にサポートする日は来るのでしょうか。

ユーザー層のさらなる拡大には有効な一手とも思えますが、独自の強力なエコシステムの構築に全力を注いできたアップルのこれまでを踏まえると、残念ながら実現する可能性は低そうです。

[Google via GSMArena]
[9to5Google]
[iTunes Store]