米アップル、本日「iOS 9」を正式リリース

米アップルは16日(現地時間)、同社の最新モバイルデバイス向けOS「iOS 9」の提供を正式に開始しました。

記事104.1

かねてから予告されていた通りの日程で正式リリースを迎えたiOS 9は、iOSデバイスに多くの注目すべき新機能や機能改善をもたらし、その利便性や性能をさらに1段上へと引き上げています。

すべてのユーザーに等しく恩恵がある改善点としては、“バッテリーライフの向上” が挙げられます。iOS 9が導入された端末では、一般的な利用条件においては最大1時間、新たに実装された「省電力モード」を利用した場合には最大3時間ものバッテリーライフ延長を実現するとのことです。

また、新たに「iPad Air 2」および「iPad mini 4」においては「画面分割マルチタスク」機能が利用可能になるほか、バーチャルアシスタントシステム「Siri」は従来モデルからさらに賢しさに磨きがかけられ、より高度な操作を自発的に実行することが可能となりました。

記事104.2

「画面分割マルチタスク」機能により、1画面上で2つのアプリを同時に利用可能に

そのほか、「地図」アプリでは公共交通機関の運行状況に基づいたナビゲーションが利用できるようになったり、「Apple Pay」をより便利にする「Wallet」アプリやユーザーの興味および関心に沿うような情報を自動で収集・表示してくれる「News」アプリが実装されたりと、様々な新要素が追加されています。

なお、iOS 9のデータ容量はわずか1.3GBと、「iOS 8」と比較しておよそ3分の1以下に “軽量化” されており、とりわけストレージ容量の少ない端末を利用するユーザーにとっては喜ばしい改善と言えるのではないでしょうか。よりシンプルな設計に洗練されたことにより、OSとしてのより軽快な動作を実現しているのかもしれません。

以下は、iOS 9へのアップデート対象機種の一覧。

  • iPhone 4s
  • iPhone 5
  • iPhone 5s
  • iPhone 5c
  • iPhone 6
  • iPhone 6 Plus
  • iPad 2
  • iPad(第3世代)
  • iPad(第4世代)
  • iPad Air
  • iPad Air 2
  • iPad mini
  • iPad mini 2
  • iPad mini 3
  • iPod touch(第5世代)
  • iPod touch(第6世代)

なお、既にiOS 9へのアップデートに失敗してしまう不具合も報告されており、アップデートを実行する際には端末内データのバックアップ保存などの事前準備をいつも以上に念入りに行っておいた方が良さそうです。

※iOS 9で実装される新機能などについては「こちら(過去記事)」に詳しい記事がございますので、興味のある方はご参照ください。

[AppleInsider via Phone Arena]

ソーシャルシェア

コメント投稿