米アップルが開催を予告している現地時間9月9日のスペシャルイベントで、サプライズとしての登場が期待される新型「Apple TV」ですが、その価格が149ドル(約1万8000円)になるとの情報が入ってきました。

sidebysiderl3

ここ最近立て続けに詳細な情報が伝えられている新型Apple TVは、iOSの音声アシスタント「Siri」での操作が可能になり(過去記事)、Apple TV用にApp Storeを解放してTVゲームが楽しめるようになるとされています(過去記事)。

今回浮上した149ドルという価格設定は、現行モデルの69ドル(8200円)(税別)と比べると2倍以上高くなっています。この要因としては、Siriによる操作を可能にするためのマイクや、アプリなどのコンテンツを楽しむためのハードウェアの強化などが予想されます。

また、アップルは映像コンテンツの製作や配信も計画していると伝えられており(過去記事)、即日のサービス開始とはならないものの、その詳細も9月9日に明らかにされると伝えられています。

国内の動画配信サービスでは、大手携帯キャリア3社が提供している「dTV」や「ビデオパス」「UURA」のほかに、「hulu」や「Netflix」といった強豪も参入しています。Apple TVの強みはコンテンツ提供者に垣根なくその場を解放できるところと言えそうですが、はたしてどのような形で既存市場に打って出てくるのでしょうか。

日本へのサービス提供は例によって遅れる可能性もありますが、ひとまず9月9日の発表に期待したいところです。

[Apple Insider]