キヤノン、世界最高「約2億5千万画素」CMOSセンサーを発表 ―APS-Hサイズ

キヤノンは7日(現地時間)、「APS-H」規格のCMOSセンサーとしては世界最高画素となる約2億5千万画素CMOSセンサーを正式に発表しました。

記事50.2

新開発の約2億5千万画素CMOSセンサー

今回発表されたCMOSセンサーは、多くの一眼レフおよびミラーレス一眼に採用される一般的な35mmフルサイズ規格よりも一回り小さな規格となるAPS-H(約29.2 x 20.2 mm)を採用しており、その画素数は驚異の2億5千万(1万9580×1万2600ピクセル)を誇ります。

キヤノンによると、一般的に高画素センサーで問題となりやすい画素数の増大に伴う信号遅延やタイミングのずれなどには対策が施されており、これだけの高画素でありならがも、秒間12億5千万画素という非常に高速な読み込み速度を実現した結果、2億5千万画素の動画を秒間5フレーム(=5.0fps)で撮影することが可能になったとのことです。

この総画素数はフルHD(1920×1080)の約125倍、4K(3840×2160)の約30倍にも達しますが、これにより高い解像感を損なうことなく映像のトリミングや拡大などを実行できることとなりました。

記事50.1

新型CMOSセンサーを搭載した試作カメラ

なお、この最新イメージセンサーにもキヤノンが従来培ってきた技術が応用されており、超高画素でありながらも高感度・低ノイズ化が実現されており、特殊監視・防犯機器や超高精細計測機器・産業機器への応用、あるいは映像表現分野への応用などが検討されているようです。

どうやら主に企業向けに開発された製品となるようですが、画素読み出しの高速化や高感度性能およびノイズ耐性などに関する技術などは、将来的に一般消費者向けのカメラ製品への応用も期待できるだけに、同社から今後発表される製品に期待と注目が集まります。

[キヤノン via The Verge]

ソーシャルシェア

コメント投稿