Phone Arenaは4日(現地時間)、先日発表された「Xperia Z5」と昨年発売された「Xperia Z3」の動画撮影性能を比較した映像を、新たに公開しています。

Phone Arenaは、現在独ベルリンにて開催中の「IFA 2015」の会場に展示されていたXperia Z5の実機を用いて会場内の様子を撮影し、同様にXperia Z3で撮影した映像と合わせて加工し、1つの比較映像を作成しました。その比較映像を見る限りでは、Xperia Z5で撮影された映像の方が全体的に鮮明でノイズが少なく、より解像感が高いように見受けられます。

なお、Xperia Z5は、1/2.3インチのセンサーサイズに2300万画素も詰め込んだ高画素イメージセンサーを搭載し、位相差オートフォーカス(AF)とコントラストAFを組み合わせることにより、わずか0.03秒という驚異的な合焦速度と優れた合焦精度とを両立させた「ハイブリッドAF」を実装しています。

さらには、画質を極力損なうことなく最大5倍のデジタルズームを可能にしているほか、Xperia Z3やZ4と同様に電子式手ぶれ補正機能「SteadyShot」も備えており、総合的なカメラ性能の高さがその “売り” の1つとなります。

記事37.1

「Xperia Z5 Premium」には2本のヒートパイプが搭載されている模様

国内で発売されたばかりの「Xperia Z4」と比較した際にどの程度の差が確認できるのかは不明ですが、Xperia Z5はヒートパイプを倍増したことにより冷却性能も向上している可能性が高いことが指摘されており(過去記事)、少なくともXperia Z3からの “乗り換え” を促すだけの魅力は十分に備えていると言えるのではないでしょうか。

Xperia Z4は国内大手キャリアすべてから発売されることとなりましたが、全3モデルを擁するXperia Z5シリーズは国内でどのように発売されることになるのかも注目したいところです。

[Phone Arena]