Cortanaの起動専用アクセサリー「Cortana Button」、発売へ

Newoinは22日、「Windows 10」環境下でバーチャルアシスタントシステム「Cortana」を起動するための専用アクセサリー「Cortana Button」が発売されたことを伝えています。

記事136.1

去る7月末に米Satechiによって発表されていたCortana Buttonですが、今回ついに正式に販売が開始されることになりました。Cortana Buttonはその名が示す通り「Cortanaを起動する」という機能だけに特化したBluetoothアクセサリーとなります。

Satechiによると、「Bluetooth 4.0 LE(Low Energy)」規格に準拠しており、本体中央に配置されたボタンをクリックするだけで最大40フィート(約12.2m)離れたデバイスのCortanaを起動させることができるとのことです。

これだけを耳にすると、現状では「Hey, Cortana」という起動キーワードを口にするか、「Windowsキー + C」のショートカットを利用してCortanaを起動することが可能なため、不必要なアクセサリーのようにも思えてしまいます。

「Cortana Button」の使用法の解説デモ映像

しかしながら、このアクセサリーはWindows 10を導入したPC製品のみならず、「Windows 10 Mobile」を実装したモバイルデバイスともペアリングして使用することが可能であり、音声起動によって生じるバッテリー消費を回避できる点に加え、Hey, Cortanaコマンドに対応していないモバイルデバイスにおいても、ワンクリックでCortanaの起動を可能にすることなどが大きな利点となっています。

なお、Cortana Buttonは22.99ドル(約2800円)で、最大2年間のバッテリーライフの実現が謳われています。

また、国内初となる「Windows Phone 8.1」搭載のSIMフリー端末「MADOSMA」(過去記事)の発表を皮切りに、国内初の「Windows 10 Mobile」搭載SIMフリー端末「KATANA」シリーズなども登場しており、あるいはいずれこのCortana Buttonも国内で正式に販売される日が来ることになるかもしれません。

9/24 JST 14:04 追記
初出時、国内でWindows Phoneが販売されていないように記述してしまっておりました。該当する本文を訂正し、お詫び申し上げます。

[Satechi via Neowin]

ソーシャルシェア

コメント投稿