NTTドコモ、2015・2016冬春モデル13機種を発表 -「Nexus 5X」含む

NTTドコモは30日、2015 – 2016冬春モデルのラインナップを発表しました。内訳は、スマートフォン・タブレット端末が11機種、ドコモケータイが1機種、モバイルWi-Fiルーターが1機種の計13機種になります。

huyuharu

ラインナップと発売時期

ドコモから発表された13機種とその発売時期は以下の通りです。

機種名発売時期
arrows Fit F-01H10月7日
Xperia Z5 SO-01H(過去記事10月下旬
AQUOS ZETA SH-01H11月上旬
Galaxy Active neo SC-01H11月上旬
Xperia Z5 Compact SO-02H(過去記事11月中旬
Xperia Z5 Premium SO-03H(過去記事11月下旬
arrows NX F-02H11月下旬
AQUOS Compact SH-02H12月下旬
Disney Mobile on docomo DM-01H1月下旬
Nexus 5X(過去記事10月下旬
dtab d-01H11月下旬
P-01H11月下旬
Wi-Fi STATION N-01H3月上旬

日本時間で本日未明に発表された「Nexus 5X」もラインナップに含まれていますが、カラーはクオーツとカーボンの2色となっており、新色のアイスはドコモからは提供されない模様です。また、Nexus 5Xは、ドコモが提供するスマートフォン向けサービスの大部分において非対応となっていますので、ドコモからの購入をお考えの方は、事前に確認することをお勧めします。

9月に発表されたばかりの「Xperia Z5」シリーズやシャープのAQUOシリーズ、富士通のarrowsシリーズなど国内で定番となっているシリーズの新機種が取り揃えられています。

ドコモが11月から提供を開始する受信時最大300Mbpsの「PREMIUM 4G」へは、「AQUOS ZETA SH-01H」と「Wi-Fi STATION N-01H」が対応機種として名が挙げられています。

また、スマートフォンとして世界初の4K解像度ディスプレイを搭載した「Xperia Z5 Premium SO-03H」に向けて、dTVで4K対応のコンテンツが配信される予定です。開始時期については明らかにされていませんが、dTVサイトで詳細をお知らせするとしています。

今回のラインナップでは、指紋や虹彩といった生体認証機能を搭載したスマートフォンが全6機種登場しています。ドコモでは、「docomo ID」ログインや「ドコモ ケータイ払い」などの決済で生体認証を利用できるようになります。

年内に発売される11機種については、本日9月30日から事前予約が開始されています。

[NTTドコモ]

コメント投稿