ドコモ・KDDI・ソフトバンク、台風18号等被災者への支援策を実施

NTTドコモとKDDI、ソフトバンクは、台風18号等で被災された地域に向けて、それぞれ支援措置の実施を発表しています。

docomo-au-softbank

両社が実施している支援策は、以下の3つ。

  • 料金の支払い延期
    ドコモは11月2日まで、KDDIは10月末まで、ソフトバンクは請求書記載期日から1ヶ月延長する
    KDDIとソフトバンクは、インターネット接続サービスや固定電話サービスの基本料金等の減免も行う
  • 端末故障修理代金の負担軽減
    ドコモは9月末まで、KDDIは10月末まで実施する
    ソフトバンクは期日期限を設けていない
  • 携帯電話・充電器の貸出
    両社ともに自治体等公的機関の要請に応じる

対象となるのは、災害救助法が適用されている地域で、茨城県や栃木県の一部市町郡となっています。

詳しくは、各社公式ホームページをご覧ください。

[NTTドコモ]
[KDDI]

ソーシャルシェア

コメント投稿