ファーウェイ、Force Touch搭載「Mate S」を発表 -ピンクモデルも追加

中国Huaweiは2日(現地時間)、ドイツベルリンで開催されるIFA 2015を前に開催したプレスカンファレンスで、新型フラッグシップスマートフォン「Mate S」を発表しました。

mate-s-announce-richard-yu

発表された端末は、去年発売された「Mate 7」とよく似たデザインとなっていますが、Mate Sは、ダイヤモンドカットを施した金属製ユニボディで、縁がカーブ状に加工された “2.5D” のゴリラガラスが採用されています。

また、米アップルの未発表端末「iPhone 6s」シリーズに搭載される見込みのForce Touch(感圧タッチ)技術をMate Sのスクリーンに搭載しています。

Mate Sのスペックは、以下の通りです。

Huawei Mate S_Colors

ディスプレイ5.5インチ フルHD(1920×1080)2.5D構造ディスプレイ
SoCHuawei 64-bit オクタコア Kirin 935
RAM3GB
内蔵ストレージ32GB
メインカメラ約1300万画素
OIS、RGBWセンサー搭載
フロントカメラ約800万画素
バッテリー2700mAh
カラーゴールド
グレイ
シルバー
ピンク
その他指紋認証センサー

Mate Sは自社製のSoCを採用し、端末の裏側には指紋認証センサーを搭載しています。

アップルを猛追するファーウェイは、製品がアップルの模倣であるとの指摘がよくなされています。今回は、Force Touchの採用や新色ピンクモデルの追加など、iPhone 6sで浮上している内容を先取りした形となっているようです。

Huawei Mate Sは、9月15日より予約が開始されるとのことです。

[Android Central]

ソーシャルシェア

コメント投稿