iPhone 6s Plus、「4K動画」撮影時にも高い手ぶれ補正能力を発揮

動画撮影時における「iPhone 6s」および「iPhone 6s Plus」の手ぶれ補正機能の効果を比較した映像が、新たにYouTube上に公開されています。

昨年発売された「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」では、Plusにのみ「光学式手ぶれ補正機構(OIS)」が搭載されていたものの、OISが機能するのは静止画撮影時のみであり、動画撮影時には有効化されない仕様となっていました。

iPhone 6s Plusにおいてはようやく動画撮影時にもOISが有効化されるよう改良が施されており、従来モデルよりもさらに手ぶれやジッターの少ない高画質な映像を撮影することが可能になっています。今回GIGAによってYouTube上に公開された比較テスト映像からは、その効果の程をはっきりと確認することができました。

動画はiPhone 6sとiPhone 6s Plusを用いて4K(3840×2160)解像度で撮影されたものですが、6sで撮影された映像においては「電子式手ぶれ補正機能(DIS)」のみが有効化されている一方で、6s PlusにおいてはDISに加えOISも機能していることもあり、手ぶれ感が少なくかつ解像感の高い映像となっています。

記事157.1

画像は「iPhone 6s Plus」のもの

また、先日ソニーによって正式発表された「Xperia Z5」シリーズにおいても4K解像度の動画撮影を可能としていましたが、4K撮影時にはDISが機能しないことが実機レビューにより判明しており(過去記事)、iPhone 6s Plusは現時点で非常に稀有な「4K動画撮影時にもDISおよびOISが有効化されるスマートフォン」になります。

iPhone 6sシリーズに搭載される「A9」プロセッサは、現時点のモバイルデバイス向けSoCにおける最高峰の一角を担う程に高性能化を果たしていることが判明しましたが(過去記事)、カメラ性能においても(少なくとも手ぶれ補正機能に関して)iPhone 6sシリーズは他のライバル達に一歩先んじているようです。

[YouTube via Phone Arena]

ソーシャルシェア

コメント投稿