「iPhone 6s Plus」のフロントパネル画像が初リーク

AppleClubは31日(現地時間)、いよいよ正式発表が目前に迫る「iPhone 6s Plus」のフロントパネルを捉えた画像を新たにリークしています。

記事9.1

これまでにも「iPhone 6s」についてはフロントパネルを含む多くの画像や映像がリークされてきましたが(過去記事[1][2])、ファブレットモデルとなるiPhone 6s Plusに関しては今回初めて画像がリークされた形となりました。

なお、Apple Clubは台湾に籍を置くアップル製品の部品販売を行うオンラインストアであると同時に、ブログを通じてアップル製品に関するリーク活動を行ってきたことでも知られています。

また、既に多くのリーク情報によってiPhone 6sへの「Force Touch」技術の実装はほぼ確実視されていましたが、今回Apple Clubは、iPhone 6s PlusのディスプレイにもForce Touchが実装されていることを指摘。やはり以前からの情報通り、Force TouchはiPhone 6sシリーズに共通する大きな特徴となるようです。

記事9.2

そのほか、画像を見る限りでは「iPhone 6 Plus」からデザインが変更されているようには見受けられず、iPhone 6sと同様にデザイン面に関しては現行シリーズとほぼ同一となるものと思われます。

なお、iPhone 6sおよびiPhone 6s Plusは9月9日に開催が予告されているスペシャルイベント(過去記事)において、新型「Apple TV」(過去記事)とともに正式発表される見通しです。

[AppleClub via G for Games]

ソーシャルシェア

コメント投稿