「Lumia 950 XL」の外形寸法が判明 ―CADデータ流出

Phone Arenaは27日(現地時間)、米マイクロソフトから近日中にも発表される見込みの「Lumia 950 XL」の外形寸法が、新たに判明したことを伝えています。

リーク精度の高さに定評を得る情報筋@OnLeaks氏がツイッターに本物とされるLumia 950 XL(Cityman)のCADデータを公開し、詳細な外形寸法が判明しました。

CADデータによると、Lumia 950 XLの外形寸法は151.9(W) × 78.4(D) × 7.8~9.9(H) mmになるとのこと。また、ディスプレイサイズは5.7インチであることも明記されているほか、今回同氏はこのCADデータを基にして作成された3Dレンダリング映像もYouTube上に公開しています。

なお、現時点では「Lumia 950(Talkman)」の外形寸法については判明していませんが、先日にはLumia 950シリーズの2機種の公式資料もリークされており、両モデルの主なスペックが判明していました(過去記事)。

同時にリークされた「Lumia 950 XL」のホワイトモデルの3Dレンダリング画像

ディスプレイ5.7インチ WQHD(2560×1440)ディスプレイ
SoCQualcomm 64-bit オクタコア Snapdragon 810
RAM3GB
ストレージ32GB
メインカメラ2000万画素 PureViewカメラ (OIS・トリプルLEDフラッシュ)
フロントカメラ500万画素
バッテリー3300mAh
その他虹彩認証センサー
USB Tyep-Cポート
急速充電機能

公式資料に記載されていた「Lumia 950 XL」の主なスペック

Lumia 950およびLumia 950 XLは、「Surface Pro 4」や「Microsoft Band 2」とともに正式発表される見通しとされていますが、さらに「Lumia 550」と呼ばれる新型のローエンド端末(過去記事)も同時に発表される可能性が指摘されており、10月6日のプレスイベントには大きな期待が持てそうです。

[Twitter via Phone Arena]

ソーシャルシェア

コメント投稿