LG製「Nexus 5 (2015)」、当初情報よりスペックダウン -青モデル追加の情報も

Android Policeは31日(現地時間)、信頼できる情報筋からの情報として、韓国LG製新型「Nexus 5(2015)」の詳細なスペックを伝えています。

CMkym0QWEAIsCsJ.jpg-large

画像は先日リークされたLG製Nexus 5(2015)とされる端末

今回伝えられた新型Nexus 5のスペックは以下の通りです。

ディスプレイ5.2インチ フルHD(1920×1080)解像度
SoCクアルコム Snapdragon 808
RAM3GB
メインカメラ約1230万画素
フロントカメラ約500万画素
バッテリー2700mAh
内部ストレージ16GB / 32GB
カラーホワイト、ブラック、ブルー
その他USB Type-C対応

リリース日や詳細な価格については伝えらていませんでしたが、Android Policeは300〜500ドル(約3万6000〜6万円)の価格帯で発売されるだろうと予想しています。

新型Nexus 5については、以前にも7月時点のプロトタイプのスペック表がリークされたとお伝えしました(過去記事)。

006bWoNYjw1evf3zo14a9j30me0g20z5

今回伝えられた情報とこのスペック表を照らし合わせてみると、ディスプレイの解像度やメインカメラの画素数など、いくつかの違いがあることが分かります。

まず、7月のプロトタイプ時点では、2K(2560×1440)解像度のディスプレイとなっていましたが、今回の情報ではフルHD(1920×1080)解像度となっています。

また、メインカメラについては、ソニー製のイメージセンサー「IMX278」が搭載され約1300万画素になるとプロトタイプのスペック表には表記されていましたが、今回の情報では、約1230万画素カメラの搭載となっています。

プロトタイプから変更された可能性やどちらかの情報が誤っている可能性もありますが、SoCやRAMなどのシステム面では情報が合致しており、Snapdragon 808や3GB RAMの搭載はほぼ間違いがないようです。

そのほか、新たな情報としてカラーラインナップについても伝えられており、現行モデルのNexus 5にあるブライトレッドは登場せず、変わりにブルーが追加され、ホワイトとブラックの計3色展開となることが伝えられています。

Nexusシリーズは例年新たなAndroidのバージョンがリリースされる10〜11月頃の登場が常となっていましたが、つい先日には、9月29日にグーグルストアを通じて発売されると伝えられます(過去記事)。当初伝えられていたものより少々スペックダウンしてしまった感もありますが、LGの努力に期待したいところです。

[Android Police via Talk Android]

ソーシャルシェア

コメント投稿