米グーグルは29日(現地時間)、同社が開催したプレスイベントで新型フラッグシップスマートフォン「Nexus 5X」と「Nexus 6P」を発表しました。

Nexus 5Xスペック

nexus 5x

Nexus 5Xは韓国LGが製造を担当した端末で、5.2インチサイズとなっています。気になるスペックは以下の通りです。

ディスプレイ 5.2インチ フルHD(1920×1080)解像度LCD
423ppi
Gorilla Glass 3
搭載OS Android 6.0 Marshmallow
SoC クアルコム Snapdragon 808
1.8GHz ヘキサコア 64bit
Adreno 418 GPU
メインカメラ 約1230万画素 1.55μm f2.0
4K動画撮影対応
120fpsスローモーション撮影対応
デュアルフラッシュ搭載
フロントカメラ 約500万画素 1.4μm f2.4
センサー 指紋センサー
Androidコンテキストハブ
加速度計
ジャイロスコープ
気圧計
近接センサー
周囲光センサー
ホールセンサー
ポート USB Type-C
3.5mmイヤホンジャック
シングルナノSIMスロット
バッテリー 2700mAh
急速充電対応
RAM 2GB
内蔵ストレージ 32GB / 64GB 
サイズ (H×W×T) 147.0 × 72.6 × 7.9 mm
重さ 136g
カラー カーボン
クオーツ
アイス

Nexus 6Pスペック

nexus 6p

Nexus 6Pは中国ファーウェイ製の端末で、5.7インチサイズとなっています。スペックは以下の通りです。

ディスプレイ 5.7インチ WQHD(2560×1440)解像度AMOLED
518ppi
Gorilla Glass 4
搭載OS Android 6.0 Marshmallow
SoC クアルコム Snapdragon 810 v2.1
2.0GHz オクタコア 64bit
Adreno 430 GPU
メインカメラ 約1230万画素 1.55μm f2.0
4K動画撮影対応
240fpsスローモーション撮影対応
デュアルフラッシュ搭載
フロントカメラ 約800万画素 1.4μm f2.4
HD動画撮影対応
センサー 指紋センサー
Androidコンテキストハブ
加速度計
ジャイロスコープ
気圧計
近接センサー
周囲光センサー
ホールセンサー
ポート USB Type-C
3.5mmイヤホンジャック
シングルナノSIMスロット
バッテリー 3450mAh
急速充電対応
RAM 3GB
内蔵ストレージ 32GB / 64GB / 128GB
サイズ (H×W×T) 159.3 × 77.8 × 7.3 mm
重さ 178g
カラー アルミニウム
グラファイト
フロスト

Nexus 6Pは、筐体素材にアルミニウムが採用されており、Nexusシリーズでは初めての全面メタル筐体となりました。昨年発表された「Nexus 6」はモトローラが製造を担当していましたが、今年はファーウェイ製になったためデザインが一新されたものとみられます。

メインカメラ・センサーは共通に

今回の発表ではサイズの近い「iPhone 6s Plus」との比較が用いられました。急速充電機能では、両機種ともiPhone 6s Plusの2倍の速さで充電することができ、新型Nexusシリーズの大きな特徴であるカメラでは、iPhone 6s Plusのピクセルセンサーが1.22μmなのに対して1.55μmと、より大きなものが搭載されているとの紹介がなされました。このセンサーのお陰で暗所でもより多くの光を集めることができ、くっきりと綺麗な写真を撮影できるようになっているといいます。

カメラの起動は、電源ボタンのダブルタップでも可能になるとのことです。

nexus-5-6-2015

メインカメラは両端末で共通となっていますが、フロントカメラについては、Nexus 5Xが約500万画素であるのに対して、6Pは約800万画素に加えHD動画撮影にも対応するなど差が出ています。

また、新たに搭載された指紋認証センサーは両機種ともに背面に搭載されており、「Nexus Imprint」と名付けられています。Nexus Imprintは、端末のロック解除だけではなく、アプリでの使用や決済にも利用できるとのことです。

そのほか、センサーやポートなどにもついても両機種で共通となっています。

ディスプレイ・SoCで差

Nexus 5Xと6Pは、ディスプレイとSoCで明確な違いがあります。ディスプレイのサイズはもちろんのこと、6Pの方がより高解像度となっており、画面保護に最新の「Gorilla Glass 4」が採用されています。

SoCでも、6PにSnapdragon 810 v2.1、Adreno 430 GPUを搭載するなど、Snapdragon 808とAdreno 418 GPUを搭載する5Xよりも上位モデルに位置付けられる設計になっています。RAMについても5Xが2GB、6Pが3GBと差がついており、内蔵ストレージでも、6Pのみ128GBモデルまで用意されています。

バッテリー容量や重さは端末のサイズに準じた差となっています。

また、日本語のGoogleストアには、スペシャルエディションとしてNexus 6Pのゴールドモデルも登場しています。

nexus-6p-gold

Android 6.0 Marshmallowの提供も開始

価格はNexus 5X 16GBが5万9300円、32GBが6万3400円。6Pは32GBが7万4800円、64GBが8万800円、128GBが9万2800円となっています。すでにそれぞれ注文の受付を開始しており、10月後半ごろの出荷予定となっています。

6Pのスペシャルエディション・ゴールドモデルについては近日発売となっており、詳細は分かっていません。

Android 6.0 Marshmallowは、ほかのAndroidスマートフォンにも来週から提供が開始されます。

[グーグル][グーグルストア]