Windows向け「Office 2016」、9月22日より正式に提供開始

米マイクロソフトは、Windowsプラットフォーム向けオフィススイートの最新版「Office 2016」の提供を、9月22日より正式に開始することを発表しました。

記事72.1

Office 2016は「Office 365」に加入しているユーザーに対しては無償で提供されるほか、家庭用Office 365として知られる「Office 365 Solo」もその対象となり9月22日よりダウンロードすることが可能になる見通し。また、ボリュームライセンス契約を結んでいるユーザーにおいては、10月1日よりダウンロードすることが可能になるとのことです。

一方で今回、“非” Office 365ユーザーへの対応については言及されておらず、今後のマイクロソフトからの発表に注目が集まります。もしかすると同日よりダウンロードないし店頭販売が開始される可能性も考えられますが、現時点では定かではありません。

記事72.2

また、Office 2016では「Windows 10」と同様に定期的な自動アップデートが実施されるシステムを採用。企業ユーザーは家庭向けOffice 2016と同様のペースで細やかにアップデートされる「Current Brunch」か、セキュリティ関連のアップデートを除く新機能の追加を年3回に分けてまとめて実施してしまう「Current Brunch for Business」のどちらかを選択可能となります。

なお、Office 2016では、多くの機能追加および改善に加えタッチ操作への最適化などを含むUIの変更がもたらされることとなるため、「Surface Pro 3」などの2-in-1タブレットPCなどにおける生産性の向上の実現にも期待できそうです。

[Microsoft via Neowin]

ソーシャルシェア

コメント投稿