4K・S820搭載「Xperia Z5 Ultra」、2016年3月に登場か

先日発表された「Xperia Z5」シリーズですが(過去記事)、どうやらまだ発表されていないモデルが存在しているようです。中国版TwitterことWeiboでリーク活動を展開する@Leaksfly氏が伝えた情報によると、2016年3月に「Xperia Z5 Ultra」が登場するとのことです。

e55f8784e40a439e87e0e17445545d37

同氏によると、Xperia Z5 Ultraは、Snapdragon 820とRAM 4GBを搭載するために発売が来年3月に遅れているとのことで、そのスペックは、4K(3840×2160)解像度の6.44インチディスプレイ、約2300万画素カメラ、4000mAh超えバッテリーを搭載するとされており、先日発表された「Xperia Z5 Premium」をも上回るものとなりそうです。

Snapdragon 810で問題となった発熱問題に関しては、Z5 Premiumでデュアルヒートパイプ構造を採用するなどして対策を講じていることが伝えられており(過去記事)、Z5の実使用でも「Xperia Z4」でみられた高音発熱には至らなかったことが報告されています(過去記事)。

この情報は、発熱問題を懸念していた人にとっては朗報であったかもしれませんが、スペックを追い求める人にとっては物足りなさを感じていたようで、GGSOKUのコメント欄ではSnapdragon 820を待望する書き込みが多々見受けられました。

今回伝えられたXperia Z5 Ultraは、ベンチマークスコアでハイスコアを叩き出しているSnapdragon 820に加え(過去記事)、4GB RAMも搭載しており、GGSOKUのコメント欄で度々希望が出ていたスペックを叶えたものになっているように感じます。

この情報の信憑性については定かではありませんが、今回ソニーが新たに “Premium” という名称のモデルを追加した理由は、 もしかすると “ウルトラ” ハイスペックなモデルを用意しているからなのかもしれません。

[PricePony]

コメント投稿