「スマートウォッチ」、拘りデザインで続々登場 -8機種まとめ

9月4〜7日まで開催されていたIFA 2015では、各メーカーから魅力的なスマートウォッチがたくさん登場しました。そこで今回は、これまで各メーカーから出された代表的なスマートウォッチ8機種をまとめてみたいと思います。

スクリーンショット 2015-09-14 17.39.47

今回のまとめでは、記事のボリュームに配慮して端末の簡単なスペックと紹介文のみのまとめとさせていただいております。

紹介するのは以下のスマートウォッチ8機種。

(目次:リンククリック可能)

  1. ソニー:「SmartWatch 3 SWR50」
  2. サムスン:「Gear S2」
  3. LG:「LG Watch Urbane」
  4. LG:「LG G Watch R」
  5. モトローラ:「Moto 360」「Moto 360 Sport」
  6. ASUS:「ZenWatch 2」
  7. ファーウェイ:「Huawei Watch」
  8. まとめ

それでは、ソニーのSmartWatch 3から見て行きたいと思います。

ソニー:SmartWatch 3 SWR50

top-main-pic

ディスプレイ半透過型液晶
約1.6インチ (320×320)
CPUクアッドコア 1.2GHz
搭載OSAndroid Wear
動作環境Android 4.3以上対応
センサー加速度センサー
ジャイロセンサー
サイズ (H×W×T)

(重さ)
51×36×10 mm
(コア:38g)
(バンド:36〜38g)
(メタルバンド:118g)
防水 / 防塵防水(IPS8) / 防塵(IP6X)
通信Bluetooth 4.0
Wi-Fi
バッテリーリチウムポリマー電池
通常使用で約2日持続
RAM512MB
内臓ストレージ4GB
バリエーションブラック
ライム
ホワイト
ピンク
メタルシルバー
価格メタルシルバー:3万4880円
その他:2万5000円

SmartWatch 3は、2014年11月下旬に発売された端末で、ソフトバンクやauなどでも取り扱っています。発売されたのは昨年ですが、今年4月にメタルシルバーモデルを投入するなど、新しいバリエーションを拡充しています。

 

スクリーンショット 2015-09-14 15.58.31
color-tilt-pic-2color-tilt-pic-4color-tilt-pic-5

リストバンドの取り外しが可能で、他のオプションバンドへ付け替えることができます。

SmartWatch 3については、レビュー記事がございますので、よろしければご覧ください。

サムスン:Gear S2

20150902TJHIDHQVUQIYRQBOZHFJO62A20150902ZBUZIKOY25KPCTEJOXCNN2IU

ディスプレイCircular Super AMOLED
約1.2インチ (360 × 360)
CPUデュアルコア 1.0GHz
搭載OSTizen
動作環境Android 4.4以上対応
センサー加速度センサー
ジャイロセンサー
心拍数計
環境光センサー
気圧計
サイズ (H×W×T)42.3×49.8×11.4mm(47g)
classic:39.9×43.6×11.4mm(42g)
防水/防塵IP68 防水・防塵
通信Wi-Fi 802.11 b/g/n
Bluetooth 4.1
NFC
バッテリー250mAhリチウムイオン電池
通常使用で約2〜3日持続
ワイヤレスチャージ対応
RAM512MB
内臓ストレージ4GB
バリエーションホワイト
ブラック
classic
価格不明

サムスンのGear S2は、Tizen OSを搭載しており、今年9月に前モデルから円形のフォルムに変更されて発表された新型モデルです。本体のベゼル部分が回転して、側面部のボタンの配置を自由に決められるなどデザイン面でのユーザーへの配慮が伺える端末となっています。

20150902PDEHYGN1SRBSELETUCCEJ0M3

また、先進的なモデルに加えて、機能はそのままに従来の腕時計のデザインを踏襲したclassicモデルもラインナップに揃えており、ユーザーの希望を幅広くカバーした形となっています。

LG:LG Watch Urbane W150

スクリーンショット 2015-09-14 17.16.06

ディスプレイFuill Circle P-OLED
約1.3インチ
CPUSnapdragon 400 1.2GHz
クアッドコア
Adreno 305
搭載OSAndroid Wear
動作環境Android 4.3以上対応
iOS 8.2以上対応
センサー加速度センサー
コンパス
ジャイロスコープ
心拍計
気圧計
サイズ (H×W×T)45.5×52.2×10.9mm
(66.5g)
防水/防塵IP67 防水 / 防塵
通信
バッテリー410mAh
RAM512MB
内臓ストレージ4GB
バリエーションシルバー
ゴールド
23金
価格4万4900円

LG Watch Urbaneは、今年2月にシルバーモデルが登場し、ゴールドモデルも追加。9月には米宝石メーカーREEDSとコラボした23金モデル「LG Watch Urbane Luxe」も登場しました。

LG-Watch-Urbane-Luxe-Side-1024x1024

Urbaneはもともと従来の腕時計を踏襲したデザインとなっていましたが、23金とワニ革バンドモデルの登場によって、よりアクセサリー性を増した端末となりました。

iOS 8.2以上の端末にも公式に対応しており、iPhoneやiPadでの管理も可能になっています。

LG:LG G Watch R W110

img_002

ディスプレイFuill Circle P-OLED
約1.3インチ
CPUSnapdragon 400 1.2GHz
クアッドコア
Adreno 305
搭載OSAndroid Wear
動作環境Android 4.3以上
iOS 8.2以上
センサー加速度センサー
コンパス
ジャイロスコープ
心拍計
晴雨計
サイズ (H×W×T)46.4×53.6×9.7mm (62g)
防水/防塵IPX5/7の防水 / IPX6Xの防塵
通信
バッテリー410mAh
RAM512MB
内臓ストレージ4GB
バリエーション1種類(バンド付け替え可)
価格3万3900円

LG G Watch Rは、昨年末に発売された端末で、見かけによらず、スポーツやレジャーなどアクティブな面を想定した、利便性の高い機能を備えた端末となっています。

筐体のバリエーションは1種類ですが、市販のストラップに付け替えることで、様々なデザインの腕時計を楽しめるようにしています。

img_003

また、LG G Watch RもiOS 8.2以上のiPhone、iPadに対応しています。

モトローラ:Moto 360 / Moto 360 Sport

moto360_specsexpanded_dkwajttqt (1)

ディスプレイ42mm:約1.37インチ (360×325)
46mm:約1.56インチ (360×330)
CPUSnapdragon 400 1.2GHz
クアッドコア
Adreno 305
搭載OSAndroid Wear
動作環境Android 4.3以上
iOS 8.2以上
センサー加速度センサー
環境光センサー
ジャイロスコープ
vibration/Hapticsエンジン
サイズ 直径42mm×高さ11.4mm
直径46mm×高さ11.4mm
防水/防塵IP67 防止 / 防塵
通信Bluetooth 4.0
Wi-Fi
バッテリー42mm:300mAh
46mm:400mAh
ワイヤレスチャージ対応
RAM512MB
内臓ストレージ4GB
バリエーション42mm
46mm
価格299ドル〜429ドル
(約3万6000〜約5万1600円)

Moto 360は、前作でもデザイン面での評判がよく、数あるスマートウォッチの中でも発表に大きな期待がかかっていた端末でした。新しいMoto 360は、サイズの異なる2種類を用意し、色やデザインで男女それぞれに合うバリエーションを取り揃えています。

スクリーンショット 2015-09-14 18.14.10

カスタマイズ可能となっているのは、サイズの他に、ベゼルの素材とカラー、ケースのカラー、バンドの素材とカラーとなっており、組み合わせ次第で、様々なレパートリーのデザインを楽しむことができます。

Moto 360もiOS 8.2以上のiPhone、iPadと公式に対応した端末となっています。

また、新型 Moto 360と同時に Moto 360 Sportなる製品も発表されています。

スクリーンショット 2015-09-14 18.21.07

Sportモデルは、GPSと心拍センサーを内臓し、防水性の強化などがなされた端末です。Sportについては、価格や発売時期が不明となっています。

ASUS:ZenWatch 2

intro-watch-spr (1) intro-watch-spr

ディスプレイAMOLED タッチディスプレイ
約1.63インチ (320×320)
約1.45インチ(280×280)
CPUSnapdragon 400 1.2GHz
クアッドコア
Adreno 305
搭載OSAndroid Wear
動作環境Android 4.3以上
iOS 8.2以上
センサー加速度センサー
ジャイロスコープ
モーションハブ
サイズ (H×W×T)

(重さ)
1.63インチ:49.6×40.7×9.4〜10.9mm
1.45インチ:45.2×37.2×10.4〜11.8 mm
(本体:約50g)
(リストバンド:約25g)
防水/防塵IP67 防水 / -
通信Bluetooth 4.1
Wi-Fi
バッテリー400mAh
RAM512MB
内臓ストレージ4GB
バリエーションシルバー
ガンメタル
ローズゴールド
価格1.45インチ:169ユーロ(約2万3000円)
1.63インチ:149ユーロ(約2万円)

ZenWatch 2は、前モデルからデザイン面で大きく際立つ端末となりました。サイズの異なる2モデルを用意し、本体のカラーを3色にしたことに加え、バンドの種類も豊富に取り揃えています。

msg-left msg-right

NgoCEaaipUYFuWv6_setting_fff_1_90_end_500slBZ7FIz61gDz2tn_setting_fff_1_90_end_500Xouzmnw9Z5c3laWa_setting_fff_1_90_end_500

また、価格についても2万円代前半と安い価格設定になっており、値段の高さがネックになっていた人にはオススメの端末になっています。

ZenWatch 2もiOS 8.2以上のiPhone、iPadに公式に対応しています。ZenWatch 2は、10月からの発売です。

ファーウェイ:Huawei Watch

style-1style-6

ディスプレイfull circle AMOLED
1.4インチ (400×400)
CPUSnapdragon 400 1.2GHz
クアッドコア
Adreno 305
搭載OSAndroid Wear
動作環境Android 4.3以上
iOS 8.2以上
センサー加速度センサー
ジャイロスコープ
心拍センサー
気圧計
バイブレーション
サイズ直径42mm × 厚さ11.3mm
防水/防塵 - / -
通信Bluetooth 4.1
Wi-Fi
バッテリー300mAh
RAM512MB
内臓ストレージ4GB
バリエーションシルバー
ブラック
ゴールド
価格399〜799ドル
(約4万8000〜9万6000円)

Huawei Watchは、ファーウェイのデザイン力をまざまざと見せつける端末に仕上がっています。従来のアクセサリーとしての腕時計の性質を兼ね備えており、バリエーションの豊富さには、素直にこんなスマートウォッチが欲しかったと思った方も多くいるのではないでしょうか。

style-5-3style-4-2
style-3-1style-2

Huawei Watchは、3色のステンレススチール筐体に加え、スチールメッシュ、スチール連結、本革素材の各種各色バンドから好きなものをカスタマイズしてデザインすることができます。

Huawei WatchもiOS 8.2以上のiPhone、iPadを公式にサポートしています。Huawei Watchは、すでに予約受付が開始されており、9月17日より発売となります。

まとめ

ここまで、昨年末頃から今年9月に登場してきたスマートウォッチを見てきました。スマートウォッチで第2世代、第3世代と代を重ねてくるメーカーも出てきており、機能のブラッシュアップだけではなく、アクセサリー性を重視したデザイン面での大幅な向上がみられる端末が数多く出揃っています。

今後は、先日発表された米アップルの「Apple Watch」シリーズのエルメスモデルなどを筆頭に、ブランドとして腕時計を売りにしていく企業も増えていくかもしれません。

タグホイヤーやスウォッチなど、既存の腕時計メーカーもすでに参入を表明して開発を進めており、未来志向な機能だけではなく、従来の腕時計のデザインを兼ね備えた端末が増えてきそうが気配がしています。

一通り出揃った感のあるスマートウォッチですが、みなさんは気に入った端末を見つけることができたでしょうか?

[Sony][Samsung][LG[2]][モトローラ[2]][ASUS][Huawei]

コメント投稿