Windows 10、リリースから2ヶ月足らずでインストール「1億台」を突破

Petriは28日(現地時間)、「Windows 10」をインストールしたPC製品の台数が、1億台の大台を突破していたことが判明したと伝えています。

今回、Petriが独自に繋がりを持つ内部情報筋を通じて入手した情報によると、先週の時点で既にWindows 10のインストール台数は1億台に達していたとのことです。

ちょうど1ヶ月ほど前には7500万台を突破していたことが報じられており(過去記事)、それからおよそ1ヶ月の間にさらに2500万台以上にインストールされた計算になります。どうやらWindows 10への需要と興味は引き続き堅調な高まりを見せている模様です。

なお、過去に米マイクロソフトは、3年以内にWindows 10を10億台のPC製品にインストールさせる計画を明らかにしていますが、同OSの正式リリースからわずか2ヶ月足らずで、早くも目標の10分の1を達成したことになりました。

11月頃には同OS初となるメジャーアップデート「Threshold 2」の提供や、「Xbox One」へのWindows 10アップグレード実施も計画されており、普及ペースはますます加速していくことが予想されるほか、10月6日には「Surface Pro 4」や「Lumia 950」シリーズなど、Windows 10プラットフォームの拡大をさらに助長しうる可能性を秘めた新製品も発表される見通しです。

[Petri via Neowin]

ソーシャルシェア

コメント投稿