「MacBook / MacBook Pro」の無償ディスプレイ交換プログラムの提供が開始された模様

9to5Macは19日(現地時間)、米アップルが、一部の「MacBook」および「MacBook Pro」の無償ディスプレイ交換プログラムの提供を開始した模様と伝えています。

記事107.1

軽度の「Staingate」が発生したディスプレイ

今年前半に発売された新型MacBookおよびMacBook Proですが、発売早々に購入した一部のユーザーから液晶ディスプレイの反射防止コーティングに起因する画面の汚れや染みの発生が報告され、現在その現象は「Staingate(染み疑惑)」として多くのユーザーに認知されるに至っています。

9to5Macによると、既にアップルはこの問題に対する具体的な対応策に着手しており、かつて被害を報告していたユーザーに対してコンタクトを取りディスプレイの交換ないし修理に応じているほか、多くのユーザーからApple Storeを通じて製品の無償修理および交換に成功したとの報告が多数寄せられたとのことです。

一方で、現在も公式Webサイト上にはこの無償交換プログラムに関する記述や特設ページなどは確認できませんが、アップルとしてはこの問題をあまり大事にはしたくないということなのでしょうか。

記事107.2

重度の「Staingate」が発生したディスプレイ

また、一部のユーザーからは保証外であるにも関わらず同プログラムが適用された事例も報告されており、どうやらプログラムの利用に際しては、アップルの提供する製品保証プログラム「AppleCare」への加入が必須ではないようです。

なお、今回の情報はあくまでも海外市場における話であり、国内市場でも同様のプログラム提供が開始されているかは不明です。Staingateに悩まされている方は一度、公式サポートやApple Storeに尋ねてみるのが良いかもしれません。

[9to5Mac]

ソーシャルシェア

コメント投稿