KDDI、電力小売事業へ参入 ―来春「auでんき」提供へ

KDDIは20日、電力小売事業への参入を発表しました。

au-denki

2016年4月から電力小売の全面自由化が開始されますが、KDDIもその波に乗って電力小売事業に参入することになるようです。KDDIによると、経済産業省資源エネルギー庁へ小売電気事業者の登録を申請しており、来春に「auでんき」としてサービスの提供を開始する予定とのことです。

電力の供給自体は既存の電力会社の送配電システムを利用することになりますが、auショップの窓口やホームページ、お客さまセンターなどでauでんきとして契約を結ぶことができ、KDDIから電力を購入することができるようになる見込みです。サービスや提供開始スケジュールの詳細については後日案内するとしています。

KDDIは、「auスマートバリュー」としてモバイル通信サービスと家庭の固定通信サービスをセットにした割引プランを提供していますが、来春にはauスマートバリューと同様に、auでんきとのセット割引なども予定しているとのことです。

これまでの観測では、KDDIと関西電力、NTTドコモと中部電力、ソフトバンクと東京電力がそれぞれ電力の小売りに向けた提携を進めているとされています。電力小売自由化に伴い、来春には電力サービスもキャリア間競争の一手として扱われるようになりそうです。

[KDDI]

ソーシャルシェア

コメント投稿