NTTドコモ、「ファミリー割引」の同性カップル適用を発表

NTTドコモは23日、同社が提供している「ファミリー割引」などの各種サービスの適用範囲を同性カップルにも拡大することを発表しました。

docomo

ドコモはこれまで、主回線の契約者の三親等以内であることが、家族を条件とするファミリー割引などの適用範囲としてきましたが、今回の発表により、同性とのパートナーシップにおいてもファミリー割引などの家族を条件とする各種サービスの適用範囲となります。

対象となるサービスは、ファミリー割引とシェアパックで、地方自治体が発行する同性とのパートナーシップを証明する書類の提出が適用の条件となります。「渋谷区男女平等及び多様性を尊重する社会を推進する条例」を制定している渋谷区では同日、今月28日から申請を受け付け、11月5日から「パートナーシップ証明書」を交付すると発表しています。

多様性に関する是非はともかく、サービスとしての是非が問われそうなところではありますが、申し込み開始日は本日10月23日からとなっており、すでにサービスの適用範囲は拡大されているようです。

[NTTドコモ]
[時事通信]

追記:2015/10/23/ 17:25 JST
他キャリアの対応についてお伝えいたします。
KDDIは、今年7月21日に「家族割」の適用範囲を拡大しており、すでに同性とのパートナーシップが適用範囲内となっています。
ソフトバンクについては家族割引の適用範囲を「ご家族(血縁・婚姻)、または同住所(生計を同じくしている)が確認できること」と定めており、必ずしも親族関係を示す必要はないとしています。
[KDDI][ソフトバンク]

ソーシャルシェア

コメント投稿