NTTドコモ、生命保険の取り扱いを発表 ―日本生命と提携

NTTドコモは21日、2016年度第2四半期(7〜9月)から生命保険募集代理業務を開始すると発表しました。この業務の立ち上げに際しては、日本生命保険相互会社と事業提携関係を構築することで合意したことも併せて発表されています。

生命保険募集代理業務を開始することに伴い、ドコモショップで生命保険を取り扱うことになります。生命保険の種類については複数の保険会社の商品を予定しているとのことです。

ドコモは、既存のヘルスケア関連商品やサービスなどとの連携も模索しており、新しい保険商品やサービスも検討していることを明らかにしています。

先日には、KDDIが電力小売事業への参入を発表しており、来春から「auでんき」としてサービスの提供を開始する予定です(過去記事)。モバイル事業が頭打ちの様相を呈する中、携帯キャリア大手3社はそれぞれ取り扱い業務を拡大し、モバイル事業を中心にそれらサービスとセットで販売することで集客と顧客の囲い込みを図っていく狙いです。

保険募集代理業務は2016年第2四半期(7〜9月)から、数十店舗のドコモショップで取り扱いを開始し、その後順次拡大していくとしています。

[NTTドコモ]

ソーシャルシェア

コメント投稿